めまい ふらつき | 原因と対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

高齢者に多く見られる加齢性難聴とは

年を取る度に聴力が低下する

歳を重ねると加齢により、内耳や神経が変性して聴覚が低下します。
これは防ぎようがなく、誰にでも起こる現象です。
特徴としては

 

高音が聞こえにくい

高音になるほど聞きとりにくくなる。さらに進むと低音も聞きとりにくくなる。

 

周囲の音が大きいと聞き取れない

自分が話している相手の音だけを聞き取る能力が衰えるので、周りがガヤガヤしていると聞きとりにくく、会話することが難しくなる。

早口の言葉を聞き取りにくい

言葉の音と音の区切りがわかりにくくなるので、早口だと言葉をうまく聞き取れず、話の内容がわからなくなる。

 

60歳代になると、多くの人が日常の会話でうまく聞き取れないことが増えてきます。

 

難聴から耳鳴りを誘発することも

加齢性難聴は、耳鳴りを併発してしまう人もいます。
逆に、耳鳴りだけの症状があり難聴は起こっていないという人もいますが、
聴力検査で見つかることが多いです。

 

原因は加齢からくる内耳と聴神経の変性

加齢性難聴の原因は加齢にあるとされています。音を聞き取る能力は聴神経によるもので、その機能が変性すると、内耳の蝸牛が上手く情報を脳に伝えることができなることから起るとされています。

大人とのいちばんの特徴は自分から訴えない

子どもの耳鳴りや難聴の原因として多いとされているのは

滲出性中耳炎(しんしゅつせい)

鼓膜の内側に炎症によってしみ出た滲出液が溜まって、耳鳴りや難聴が起こる。

耳菅開放症

耳菅が常に開きっぱなしになり、耳の中で音が反響してしまい、耳鳴りが起こります。

耳菅開放症

難聴が疑われるサインに要注意
  • 何度も聞き返したり、聞き間違えをする。
  • 遠くや後ろから声をかけても気が付かない。
  • テレビの音量を大きくしたり、近くで見る。
  • 外で遊ぶことが少なくなり、ぼんやりする

子どもの難聴では耳鳴りは起こらない

子どもの難聴では耳鳴りは起こらない

大人の場合、耳鳴りが起こる人は背後に難聴を伴ってることが多いです。大人の耳鳴りは、難聴により音が聞こえにくいという異常事態を脳が感知して、音を作りだし、それが脳の視覚野に伝わることによって耳鳴りがおこります。
しかし子どもの場合は、突発性難聴やメニエール病のような耳鳴りが起こることは珍しいです。
まれに心因性の耳鳴りや難聴が子どもでもみられます。しかし子どもの耳鳴りの原因は、滲出性中耳炎や耳菅開放症などが多いです。

 

耳鳴りよりも注意が必要なのは難聴です。特に、乳幼児は自ら聞こえないと知らせることができませんので、大人が気がついてあげないと発見が遅れてしまいます。そのことで、治療も遅れてしまいますので、少しでも異変に気がついたら
早めに病院で検査を行うようにしましょう。

続きを読む≫ 2016/05/02 12:12:02

 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧