めまいの種類の一つである眼前暗黒感を引き起こす原因

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

めまいの種類の一つである眼前暗黒感を引き起こす原因

めまいの種類の一つである眼前暗黒感を引き起こす原因

 

めまいの種類に眼前暗黒感があります。眼前暗黒感は脳の虚血状態が原因で起こります。

 

虚血状態になる原因は

虚血状態になる原因は複数あり、血圧低下や不整脈などの循環器系の障害、体位の変動、出血、薬によるものが挙げられます。
循環器系の障害が原因となっている場合は、心臓が正常に働かず、心臓から出される血液の量が減ると血圧の低下を招き、脳に十分な血液を送ることができなくなります。よって目の前が真っ暗になり倒れてしまいます。これは心臓の異常が引き起こしたものですので内科や循環器系を専門とする医師の受診が適切です。

 

体位変動は座った状態からいきなり立つと、頭の位置が上がります。
それと同時に血液も上に持ち上げなければならないのです。これをする為には血圧がある程度高くならないといけないのですが、何かの理由により血圧が高くならず眼前暗黒感を起こします。

 

自律神経失調症との関係…

これには自律神経失調症も関係しています。血圧は自律神経がコントロールしています。自律神経が乱れると血圧のコントロールができなくなり、眼前暗黒感になりやすくなるのです。
お風呂から急に出た際も同じようなことが起こります。湯船に浸かっている時は水の圧力がかかっています。その状態から急に外へ出ると水の圧力がなくなり、血圧が低下します。

 

出血による発症も考えられます。出血をするとそれだけ血液量が減り、脳へ送られる血液が減少します。結果、脳が虚血状態に陥り眼前暗黒感になってしまいます。出血は外側だけではなく体内で起こっている場合があるので注意が必要です。

 

薬の副作用が原因となることも…

また薬の副作用が原因となることもあります。副作用の中には血圧を下げるものがあり、脳を虚血状態にしてしまうのです。これら以外の原因として、ショックな出来事などを経験すると急激な血圧低下を伴うことがあります。アナフィラキシーショックなどアレルギー反応で起こる場合もあります。
お酒の飲み過ぎによる自律神経の麻痺が引き起こすケースもあります。





めまいの種類の一つである眼前暗黒感を引き起こす原因関連ページ

めまいやたちくらみによる眼前暗黒感の対策と治療
眼前暗黒感は急な起立や入浴直後に目前が真っ暗になる状態です。原因が低血圧の場合の対策は鉄分の多い食品の摂取や昇圧剤等薬剤の使用です。自室神経のバランスの乱れが原因の場合は心を休め、治療法として睡眠導入剤等の薬物を使用します。
障害を受ける部位により3つに分けることができる
めまいの原因は障害を受ける部位によって3つに分けることができます。その多くに自律神経やホルモンバランスなどが関わってきます。

▲ページ上へ戻る



 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧