小脳を訓練法で活性化する

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

小脳を訓練法で活性化する

薬を使用しめまい発作の症状を和らげる

薬を使用しめまい発作の症状を和らげる

めまい発作が起きたときには、横になるようにしましょう。楽になれる体制で頭が動かないように安静に保ちます。
そして症状を和らげるために、抗めまい薬や抗不安薬などを服用します。吐き気などの症状がとても強いときは、注射や点滴を行います。

 

症状がなくなってきたタイミングで、内耳の血行を良くする耳内循環改善薬、内耳のリンパ液の過剰を改善するための利尿薬を使います。
利尿薬を1〜2ヶ月使用すると、内耳の過剰なリンパ液が排泄されて、症状が改善傾向に向かいます

 

小脳を活性化させめまいを改善する

大きなめまいはなくなったのに、足元のふらつきがまだ残っている場合には、小脳を活性化させることでめまいを改善することができます。

 

「ブラント-ダロフ法」

「ブラント-ダロフ法」とは、めまい症状に慣れることで、めまいを引き起こしにくくする方法です。
内耳の障害の度合いにより違ってきますが、多くの人に効果が期待できます。

 

ブラント-ダロフ法に徐々に慣れてきたら、「指を目の前で動かす」訓練を行います。めまいが起こっても目が回らないように、目を正しい位置にコントロールすることが目的です。
それと同時に「首ふりウォーキング」も行います。これは、体の位置や動きに関しての情報を小脳に送ることにより、小脳の働きである「前庭代償」を刺激して、めまいを和らげることを目的とした訓練法です。

 

小脳を活精化する3つの訓練法

  • ブラント-ダロフ法

めまいに慣れることで、めまいを起こしにくくする方法

  • 指はココ!体操

目を正しい位置に調整するための訓練法

  • 首ふりウォーキング

小脳の機能である「前庭代償」を刺激してめまい改善をはかる訓練法





小脳を訓練法で活性化する関連ページ

回転性のめまいや耳鳴りが頻繁に起こる
回転性のめまいが耳鳴りが頻繁に起こる場合はメニエール病が疑われます。
めまい発作のメカニズムを理解しよう
めまい発作のメカニズムを理解することで、めまいの改善も効率よく行うことができます。
病院で行う検査と診断条件
メニエール病の病院で行う検査と診断条件とはどのようなめまいでしょうか。
脳幹と小脳が機能することでめまいが改善する
脳幹と小脳が機能することでめまいが改善します。それは前庭代償という機能を活性化させることが大切です。
小脳を刺激するとめまいは回復する
前庭代償は、体に初めから備わってる機能ですが、それのみに頼ってしまっていては、めまいの回復に時間がかかってしまいます。小脳を刺激することでめまいは回復します。
生活習慣を見直してストレスをためない
生活習慣を見直すことでストレスを軽減しましょう。そのことでめまい改善にもつながります。
ストレスの解消方法をみつける
めまいの原因がストレスからきている場合は、ストレスを解消する方法を考えましょう。
症状が重度の場合は手術を行うことも
メニエール病のほとんどは、小脳を活性化させる訓練や生活の見直し、薬による治療により、症状も落ち着きます。

▲ページ上へ戻る



 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧