緊張をほぐす「バイオフィードバック療法」

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

緊張をほぐす「バイオフィードバック療法」

緊張をほぐす「バイオフィードバック療法」

バイオフィードバック療法はそんなにメジャーな療法ではありませんが、患者さんの筋肉をほぐすための訓練法として有効です。 ストレスがかかると、筋肉が緊張し、自律神経が乱れ、筋肉が緊張し、体温、血圧や脈拍などに様々な変化が生じます。 「バイオフィードバック療法」は、そうした、自律神経の乱れによる、身体的変化を色や音に変換し、自分自身やまわりの人が把握できるようにします。 どんなときに緊張するのか、どんなときにリラックスするのかなどを探っていきます。
緊張とストレス

筋肉の緊張とストレスにはとても深い関係があるので、筋肉がほぐれるとストレスも軽減し、 耳鳴りやめまいも軽くなるのです。 おでこに電極を貼り、筋肉の状態を、
  • 緊張すれば赤
  • リラックスすれば青
などのように、色で表します。 赤色がついたときに、どうすれば青色に変わるかを探ることによって、 自分で緊張をほぐしリラックスできるよう訓練していくのです。 自分で緊張をほぐせるようになれば、たとえ耳鳴りが強く出たときなどにも、自分自身で症状をやわらげることが出来るようになるのです。 また、緊張をほぐすには食生活を整えることも重要で、サプリメントを飲むことでお手軽に改善効果が期待できます。




緊張をほぐす「バイオフィードバック療法」関連ページ

イライラしやすい人は自律神経が乱れやすい
臨床心理士は、心に負担を抱え込んだ人たちの筋肉をほぐし、緊張を解いてあげる事がお仕事です。そんな、バイオフィードバック療法は有名な療法ではありませんが、ふらつきやめまいのある患者の自律神経の乱れを色や音に変換し、皆が把握できるようにします。

▲ページ上へ戻る



 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧