病院への受診の目安

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

そのめまいの症状!緊急の受診が必要かチェック

めまい・ふらつきの中には、命にかかわる病気や緊急に治療が必要な病気が原因のものもある。
判断するには、めまい以外の症状に注目することが大切です。
特にめまい・ふらつきと同時に以下の症状が起きた場合は注意が必要です。

  • 激しい頭痛が起こる
  • ものが二重に見える
  • 視野が狭くなる
  • 片方の手足にしびれやマヒがある
  • 片方の腕に力が入らない
  • 口の周りにしびれやマヒがある
  • 舌がもつれて、ろれつがうまくまわらない
  • 顔の片側が下がる・ゆがみがある

これから1つでも当てはまる場合は脳梗塞、脳出血が疑われることも…

 

脳出血

脳血管が破れ、出血が起こるもの。脳梗塞同様、どの部位で出血が起こるかによって、
症状の程度、重症度が変わるが、多くは突然の頭痛、吐き気からはじまる。
出血が多い場合は死亡する危険もある。

 

脳梗塞

脳の血管の内腔(血液の通り道)が、動脈硬化によって狭くなったりして
血液供給が足りなくなることで起こる。
血流が完全に止まると、その先の部分の神経細胞が壊死する。マヒなどの後遺症が残る。

 

 

脳腫瘍

脳にできる腫瘍。めまいが起こることがある。悪性と良性があり、悪性の場合は命にかかわる。
良性でも位置によっては深刻な事態に陷ることがある。

 

※以下の症状がある場合はすぐに医療機関を受診することをおすすめします。

脳腫瘍

  • 激しい頭痛が起こる
  • 嘔吐する
  • 手足にマヒがある
  • 顔面にマヒがある
  • 感覚が鈍くなる

 

 

聴神経腫瘍

聴神経にできる腫瘍。
良性のことが多く、進行も比較的ゆっくりで、転移の心配もない。
ただし、腫瘍が大きくなると神経を圧迫し、めまいや難聴などの症状がでる。

 

※以下の症状がある場合はすぐに医療機関を受診することをおすすめします。

  • 片方の耳に耳鳴りや難聴が起こる
  • ふらつくようなめまいが起こる
  • 顔の筋肉がたるんだり、ひきつったりする。

 

 

突発性難聴

詳しい原因は不明で、あるとき突然、難聴が起こる。
めまい、耳鳴りを伴うこともある。発症後、できるだけ早く治療をすれば聴力が回復することがあるが、手遅れになると聴力を失う危険がある

 

※以下の症状がある場合はすぐに医療機関を受診することをおすすめします。

  • 何の前ぶれもなく、耳が突然聞こえなくなる
  • 難聴発作が一度だけ起こる




その症状!緊急の受診が必要か関連ページ

めまい・耳鳴りも全身の検査から
めまい・耳鳴りの症状で病院jへ行き、原因がわからずに精密検査をすることになると、一日にで検査が終わらない場合があります。
めまいの検査はふらつきと目の動きをみる
めまいやふらつきの症状によって体がどの程度ふらつくかを見ることで、平衡機能の障害の有無や症状の重症度合を知ることができます。

▲ページ上へ戻る



 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧