めまいの前兆に起こる眼前暗黒感の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

めまいの前兆に起こる眼前暗黒感の特徴

めまいの前兆に起こる眼前暗黒感の特徴

 

急に目の前が真っ暗になる状態を眼前暗黒感と呼びますが、これはめまいを起こす前兆に起こる症状の一つです。立ちくらみが代表的なものですが、座ったままの状態でも起こる事が有ります。
脳の血流が悪くなる事で起こる特徴がある事から、失神の前兆と考える事が出来ます。
眼前暗黒感が起こる原因の一つに、循環器系の障害が起こっている可能性があります。

 

心臓の機能に問題が…

心臓の機能に問題が出ている場合には、心臓から送り出される血液の量が減少する為に、血圧が下がり始めます。その為に、脳に必要とされる血液が送られにくくなる事から眼前暗黒感の症状が発生してしまうのです。このような場合には、心臓の検査を受けて、しかるべき治療を受ける事で、眼前暗黒感も次第に起こりにくくなります。

 

原因は…

原因には、心臓疾患以外にもいくつか考えられるものが有り、自律神経失調症もその一つと言えます。座った状態から、体位を変えて急に立ち上がろうとする場合には、通常健康体の人ならば、血圧が上昇するものですが、血圧は自律神経がコントロールを行うものである為に、自律神経に支障が有る場合には、体の動きに血圧が伴う事が出来ないという状態が起こるのです。その為に、めまいが起こり易くなります。

 

入浴時にめまい…

入浴時にめまい

入浴時にめまいを良く起こす方が居るのも、お湯のの中に浸かっている時には、水圧がかかっているのに対し、お湯からあがる事で水圧が急にかからなくなる為に、血圧が急に下がってしまうのが原因になるのです。

 

その他、けが等をした場合や、胃潰瘍などを発症している際の出血が原因と成って眼前暗黒感が起こる場合や、薬による副作用が原因と成り血圧が下がる事でも起こる事が有ります。

 

病気やけがが原因で起こる場合には、病院による治療が不可欠ですが、不規則な生活を改めたり、栄養バランスを考えた食事を取る習慣づけを行う事で、自律神経失調症から発症している眼前暗黒感を予防し、改善する事は、可能だとも言えます。

 

第一に大切な事は、症状が出た時には、放置せずに精密検査を受けるという事が重要です。命にかかわる疾病の早期発見に繋がる場合もあるのです。

耳や脳の障害やホルモン、自律神経の不調で起きる

体のバランスを保つのに必要な平衡機能は

  • 三半規管
  • 耳石器
  • 前庭神経
  • 大脳と脊髄をつなぐ脳幹
  • 小脳

です。

 

この機能のどれか一つにでも障害が起こってしまうと、めまいやふらつきが生じます。
現在、めまいやふらつきの原因となる障害は、以下の3つのパターンにわけることができます。

耳から生じる場合
から生じる場合
脳の指令を体の各部分に伝えるホルモン、自律神経の乱れから生じる場合

 

めまいやふらつきの症状は、障害を受けている個所によって異なります

めまいやふらつきの症状は、障害を受けている個所によって異なります。
めまいやふらつきは脳の病気と思っている人が多いようですが、実はめまいやふらつきの70%は耳が原因で起こります。
そして脳から生じるめまいは10%程度と言われています。

1.耳から起きるめまい

耳からめまいやふらつきが起きる場合は、その原因となっている場所(三半規管、耳石器、前庭神経)により、めまいやふらつきの症状は違ってきます。

 

三半規管

体の回転する動きなどを敏感にとらえる働きをになっています。ここが侵害されてしまうと、グルグルと風景などが回転するように見える、回転性のめまいを引き起こします。

 

耳石器

耳石器とは、上下、左右、前後方向の体の動きや重力をとらえることができる器官です。ここが障害されてしまうと、フワフワ、クラクラするような浮遊性のめまいを引き起こします。

 

前庭神経

前庭神経とは、三半規管や耳石器で感じた情報を脳へ伝える働きをします。ここが障害された時は、自分や風景が激しくグルグルと回るようなめまいを感じます。

 

2.脳から生じるめまい

脳から生じるめまい

脳幹とは、大脳と脊髄を繋いでいる根っこのようなものです。さまざまな神経が集まり、体の姿勢や位置の保持、生命の維持に関わる働きをしています。ここが障害を受けてしまうと、自分やまわりの景色などがグルグルと回るような回転性のめまいやふらつきが起きてしまいます。
脳から生じるめまい症状の場合は、今まで経験したことがないような感覚だといわれています。
例えば、

  • ろれつが回らない
  • 言葉が詰まって出てこない
  • 二重に物が見える
  • まひやしびれが起こる
  • 力が入らない
  • 手先が上手く動かない

3.ホルモンや自律神経の乱れからくるめまい

妊婦さんや高齢者は色々な原因で自律神経が乱れてしまい、それが原因でめまいやふらつきを引き起こすことがあります。

 

妊婦さんの場合

妊娠によりホルモンバランスの変調で自律神経が乱れやすくなります。それに加え、血液が胎児のいる子宮に多く回るため、脳に届きにくく起立性低血圧を起こしやすくなります。起立性低血圧がひどくなってしまうと、立ちくらみやめまいを生じます。

 

高齢者

高齢になってくると、身体機能が低下することにより、平衡機能も衰えます。

高齢になってくると、身体機能が低下することにより、平衡機能も衰えます。そのことにより体の情報を正しく脳に伝えることができなくなり、めまいやふらつきを引き起こしてしまいます。
特に注意が必要なのは、急に立ち上がった時に起こる起立性低血圧によるめまい、動脈硬化の進行によって生じる椎骨脳底動脈循環不全、脳出血や脳梗塞によるめまい、そしてのどの渇きが感じにくくなるために起こる脱水状態から生じるめまいです。

 

高齢になると色々な病気を抱えることになるため、服薬も増えて、薬の副作用によってもめまいが生じることがあります。

続きを読む≫ 2017/09/08 13:29:08

めまいやたちくらみによる眼前暗黒感の対策と治療

 

たちくらみと一言で言っても回転性めまいや動揺性めまい、そのなかにはあまり聞きなれない眼前暗黒感というたちくらみに近いめまいも存在します。

 

回転性めまい…

ぐるぐるとまわりが回転してみえる回転性めまいは主に三半規管の異常でメニエール病とも深い関係も持っています。動揺性めまいはまるでふわふわと雲の上を歩いているようなふらつきを起こすめまいを感じることがあり、脳の一番下にある平均感覚をコントロールする脳幹の機能が低下していたり病気になっていたりすると起きる場合が大きいです。

 

眼前暗黒感…

眼前暗黒感というのは名前こそ浸透していないものの、急に立ちあがると目の前がまっくらになったり、お風呂から上がった後急に出た際の眼前暗黒感など、皆さんも意外と経験している方も多いのではないでしょうか?

 

鉄分の多いレバーやホウレンソウ

この眼前暗黒感の対策としては低血圧が大きく関係しており、鉄分の多いレバーやホウレンソウ、あと意外にもあおのりなどもたくさんの鉄分が含まれており意識的に食べてみるのも眼前暗黒感の予防にもつながります。

 

さらに病院へ行くと昇圧剤や、血管の収縮を助けてくれる薬物治療などもあります。
次の理由としては自室神経のバランスが乱れて起こる眼前暗黒感です。
この対策としては多くの場合、自律神経が乱れ、何らかのストレスが誘因となって起きてしまう場合がおおく、なるべくストレスを抱え込まない、たまには外に出かけゆっくりと心を休めるなどの対策が一番効果的です。

 

治療法…

睡眠導入剤や自律神経調整薬

治療法としてはイライラ、食欲不振、不眠などを軽減してくれる睡眠導入剤や自律神経調整薬、抗うつ剤などが病院で持ち出される最良の治療です。

 

他にも自分で気づかないうちに体の内臓、例えば胃潰瘍や十二指腸などから出血することがあります。そのような内臓での出血があれば同じように眼前暗黒感となるので、もしも胃に痛みがあるようになった場合は早急に医者に行くのが万全の治療法です。

 

また、精神的なショックでも立ちくらみやめまいなどを発症することもあり、そのような場合には体を横にして安静にしているのが一番の対策となるでしょう。

続きを読む≫ 2013/06/24 15:33:24

めまいの種類の一つである眼前暗黒感を引き起こす原因

 

めまいの種類に眼前暗黒感があります。眼前暗黒感は脳の虚血状態が原因で起こります。

 

虚血状態になる原因は

虚血状態になる原因は複数あり、血圧低下や不整脈などの循環器系の障害、体位の変動、出血、薬によるものが挙げられます。
循環器系の障害が原因となっている場合は、心臓が正常に働かず、心臓から出される血液の量が減ると血圧の低下を招き、脳に十分な血液を送ることができなくなります。よって目の前が真っ暗になり倒れてしまいます。これは心臓の異常が引き起こしたものですので内科や循環器系を専門とする医師の受診が適切です。

 

体位変動は座った状態からいきなり立つと、頭の位置が上がります。
それと同時に血液も上に持ち上げなければならないのです。これをする為には血圧がある程度高くならないといけないのですが、何かの理由により血圧が高くならず眼前暗黒感を起こします。

 

自律神経失調症との関係…

これには自律神経失調症も関係しています。血圧は自律神経がコントロールしています。自律神経が乱れると血圧のコントロールができなくなり、眼前暗黒感になりやすくなるのです。
お風呂から急に出た際も同じようなことが起こります。湯船に浸かっている時は水の圧力がかかっています。その状態から急に外へ出ると水の圧力がなくなり、血圧が低下します。

 

出血による発症も考えられます。出血をするとそれだけ血液量が減り、脳へ送られる血液が減少します。結果、脳が虚血状態に陥り眼前暗黒感になってしまいます。出血は外側だけではなく体内で起こっている場合があるので注意が必要です。

 

薬の副作用が原因となることも…

薬の副作用が原因となることも

また薬の副作用が原因となることもあります。副作用の中には血圧を下げるものがあり、脳を虚血状態にしてしまうのです。これら以外の原因として、ショックな出来事などを経験すると急激な血圧低下を伴うことがあります。
アナフィラキシーショックなどアレルギー反応で起こる場合もあります。お酒の飲み過ぎによる自律神経の麻痺が引き起こすケースもあります。

続きを読む≫ 2013/06/24 15:31:24

 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧