2つの種類に分類する眩暈

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

2つの種類に分類するめまい

2つの種類に分類するめまい

めまいは平衡感覚の異常が感じられる状態を言います。
頭痛や全身疲労などと一緒に患者がよく訴える症状で、ほとんどの人が経験する非常に一般的な症状です。原因は非常に多様であり、正確な診断を下すのに注意が必要です。

 

そのため、患者は自分の症状を正確に医師に説明するようにし、医師も症状をよく聞いて、これを詳細に分析しなければならなりません。必要に応じて脳撮影、血液検査と平衡検査を行って診断するようにします。

 

めまいを貧血と間違えることも…

めまいを貧血と間違えることも

一般的にめまいが現れたら、多くの人が貧血だと勘違いしたりします。貧血すなわち、体内に酸素を運ぶ赤血球が足りない場合には、主に無気力症が最も多く、急に立ち上がるとくらくらしたり、ぼんやりしたりします。
貧血のため、典型的な回転性めまいが現れる場合は珍しいです。

 

通常、めまいは、周囲がぐるぐる回って体がよろめきながら吐き気や嘔吐を伴います。しかし、患者が訴える眩暈は非常に多様で、正確に区分して分類することは難しいです。専門家たちは、一般的に回転性と非回転性と2つの種類に分類します。

 

回転性の場合…

回転性の場合は、主に神経系と関連している末梢性か、中枢性か区別することが非常に重要です。中枢前庭系の機能異常の場合は緊急の治療が必要な場合が多いからです。

 

非回転性の場合…

非回転性の場合

非回転性は揺れる感じ、バランスを取れない感じ、精神が朦朧とする感じ、目がクラクラした感じなどに現れる末梢性神経疾患、視覚機能異常、貧血などの内科的疾患および眼科的疾患などさまざまな原因によって発生するので、これの正確な原因を調べるのは難しいです。

 

ひどいめまいが生じた場合、吐き気、嘔吐などの自律神経症状を伴う場合があるが、特に末梢神経系の場合、中枢性よりもひどく長引きます。症状は多様で、比較的軽い疾患から脳出血、脳梗塞などの重大な疾患まで、非常に広範な病気で見ることが出来ます。

 

そのため、症状がひどいからと、中枢神経系を示唆するものではなく、比較的耐えることの出来るめまいも中枢性の場合があるので、見逃してはいけません。





2つの種類に分類する眩暈関連ページ

眩暈と三半規管の関連性
眩暈と三半規管の関連性についてご案内していきます。めまいを引き起こす原因はさまざまでが、回転性眩暈の場合は、三半規管に何かしらの問題があると考えられます。
眩暈の治療について
眩暈の治療について、ご紹介していきます。眩暈の原因として自律神経失調症が多いと言われています。病気の原因を的確に見つけて、治療することが大切です。
眩暈でふわふわする症状
眩暈でふわふわする症状について、ご紹介しています。頭痛や眩暈は些細な体調不良やストレス、そして重大な病気まで様々な要因で発症するので診察が大変難しいのです。
吐き気を伴う眩暈の原因となる疾患
吐き気を伴う眩暈の原因となる疾患などをご紹介していきます。めまいや吐気に伴い、頭痛やしびれなどを感じた場合は悪性発作精頭位眩暈や脳梗塞等、脳に異常がある場合もあります。
ストレスが起因して発症する眩暈に関して
ストレスが起因して発症する眩暈に関して、ご紹介していきます。めまいの中にはストレスを原因として発症してしまうものもあります症状は個人差があります。ストレスを取り除くことで症状を和らげることができます。
ひとりで抱え込まず、悩みを吐き出す
ストレスをため込みやすいA型気質の人は、悩みなどを話す際に色々と考えてしまい、話すという行動に向かいにくい傾向があります。そのことでストレスが発散できずにめまいや耳鳴りの症状を悪化させてしまうのです。
めまいと耳鳴りの関係性。耳鳴りが起こる原因とは?
めまいと耳鳴りの関係性と起こる原因はどのようなものでしょうか。原因は同じようで、実はことなっています。
【体験談】良性発作性頭位めまい症

▲ページ上へ戻る



 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧