回転性のめまいや耳鳴りが頻繁に起こる

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

回転性のめまいや耳鳴りが頻繁に起こる

良性発作性頭位めまい症の次に多い症状

良性発作性頭位めまい症の次に多い症状

めまいを引き起こす病気の中で、良性発作性頭位めまい症の次に多い病気はメニエール病になります。
次に多い病気といっても、良性発作性頭位めまい症の患者さんは、めまいふらつきを引き起こす病気の過半数を占めています。それに対して、メニエール病の場合は、めまいを引き起こす病気の10%ほどしかありません。

 

 

メニエール病は、女性よりも男性に多く、働き盛りの人に多い傾向にある。
メニエール病というのは、内耳の病気になります。
症状として代表的なものが

  • 自分自身がグルグルと回る
  • 周囲がグルグルと回る

このような回転性のめまいが頻繁に起こり、発作と同時に耳鳴りが起きたり、音が聞き取りにくいなどの聴覚障害も起こります。まれに、動悸、嘔吐、吐き気などの症状を伴うこともあります。

 

メニエール病の発作は20〜30分から半日ほど続き、発作の繰り返す間隔はその時により違ってきます。発作は次第におさまってきます。発作がおさまってしまえば、普通の生活が可能ですが、軽めのふらつきを感じたり、耳鳴りが続いたりすることもあります。

 

メニエール病のめまいふらつき症状は間隔をあけて起こることがあり、その頻度として人それぞれで違ってきます。

 

メニエール病によるめまいの特徴は
  • 1回の発作は20分前後で半日ほど続き、徐々におさまっていく。
  • 発作と合わせて耳鳴りが起こる。耳が詰まったような感じが起こる。




回転性のめまいや耳鳴りが頻繁に起こる関連ページ

めまい発作のメカニズムを理解しよう
めまい発作のメカニズムを理解することで、めまいの改善も効率よく行うことができます。
病院で行う検査と診断条件
メニエール病の病院で行う検査と診断条件とはどのようなめまいでしょうか。
小脳を訓練法で活性化する
小脳を活性化させる訓練法でメニエール病の症状を和らげるようにしましょう。
脳幹と小脳が機能することでめまいが改善する
脳幹と小脳が機能することでめまいが改善します。それは前庭代償という機能を活性化させることが大切です。
小脳を刺激するとめまいは回復する
前庭代償は、体に初めから備わってる機能ですが、それのみに頼ってしまっていては、めまいの回復に時間がかかってしまいます。小脳を刺激することでめまいは回復します。

▲ページ上へ戻る



 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧