吐き気を伴う強いめまいが起る前庭神経炎

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

吐き気を伴う強いめまいが起る前庭神経炎

前ぶれもなく、突然めまいが起る

前庭神経炎の特徴
  • 立っていられないような回転性の激しいめまい
  • 吐き気や嘔吐を伴う
  • 耳鳴りや難聴はない。
  • 再発は少ない
片耳の平衡機能に障害が起きることが原因

三半規管や耳石器からの情報を脳に伝える働きのある前庭神経に障害が起きる病気を前庭神経炎といいます。症状としては、突然とても激しい回転性のめまい、吐き気が起こります。前庭神経に障害が起る原因については、詳しく判明しておらず、カゼを引いた後にかかることが多いので、ウイルスが原因なのではないかと考えられています。
それ以外には過労やストレスが原因とも考えられています。発症直後に起る激しいめまいは数日で治まりますが、完全にふらつきか感が解消するには一ヶ月ほとかかります。

 

入院治療により、大半は落ち着く

前庭神経炎は発症直後の症状がひどいので、半数の人は病院に行きそのまま入院してしまいます。入院後、3日程度で症状は治まりますが、平衡機能は乱れたままでふらつき感が残っているので感覚を取り戻す訓練を行います。

 

症状が完全に治まるまでは過労、ストレスにも注意をすることが必要です。前庭神経炎は完治すると再発することはほぼありませんが、まれに体の免疫力が低下した時に再発することがあるので、普段から注意が必要です。





吐き気を伴う強いめまいが起る前庭神経炎関連ページ

めまいや吐き気を伴った症状のあるメニエール病
めまいや吐き気が症状として起きるメニエール病について。突然の吐き気やめまいを引き起こす時はメニエール病が疑われることがあります。
突然めまいや吐き気が起きた時は
突然のめまいやふらつきや吐き気が起きた時の対処方法などを説明します。症状としては症状としては突然にめまい、吐き気等でひどい時は嘔吐することもあるようです。
頭痛やめまい吐き気があるときに注意したい事
頭痛やめまいの症状が現れている時に注意しなければなりません。酷い場合は吐き気や嘔吐などがおこることもありますので、症状が現れた時は気を付けましょう。
めまいがして身体がふらつきを呈すれば吐き気も覚える
めまいによりふらふらした状態になると吐き気を催す人が多いです。めまいを覚えるという時には、同時に身体もふらつきを呈してしまうという状態になります。 そもそもがめまいは、身体が平衡感覚を失ってしまう状態から起こるので、めまいと共に身体もふらつき状態となってしまいます。
めまいや吐き気、汗を伴う疾患について
めまいや吐き気ばかりか、汗をも伴う疾患があります。めまいや吐き気、汗を誘発する病気はたくさん存在します。めまいや吐き気の原因は脳から精神的なことまでとさまざまです。
めまいや吐き気は市販薬の前に病院へ
激しいめまいや吐き気が起きたら、市販薬ではなくで病院できちんと検査をして薬を貰いましょう。めまいや吐き気の原因はストレスから起こるものも多く存在します
好きな飲みものが身体の負担になる
コーヒーや緑茶に含まれるカフェインを摂り過ぎると興奮作用により、自律神経が乱れめまいや耳鳴りの原因になります。またアルコールの分解時に生み出されるアセトアルデヒドも体内で増えると、血管を収縮させられ、めまいや耳鳴りを誘発させてしまいます。
吐き気をもよおす三半規管のめまい
三半規管が原因でのめまいは吐き気をもよおすことがあります。そもそもめまいの多くが三半規管の影響によるものです。

▲ページ上へ戻る



 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧