このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

▲ページ上へ戻る


メニエール病記事一覧

回転性のめまいや耳鳴りが頻繁に起こる

良性発作性頭位めまい症の次に多い症状めまいを引き起こす病気の中で、良性発作性頭位めまい症の次に多い病気はメニエール病になります。次に多い病気といっても、良性発作性頭位めまい症の患者さんは、めまいふらつきを引き起こす病気の過半数を占めています。それに対して、メニエール病の場合は、めまいを引き起こす病気...

≫続きを読む

 

めまい発作のメカニズムを理解

内耳にある内リンパ液の水ぶくれが原因で起きるメニエール病の主な原因は、内耳にあるリンパ液の水ぶくれ(内リンパ水腫)とされています。内耳には耳石器や三半規管があります。そして蝸牛は筒状になっていて、内側は内リンパ液で満たされている状態です。このリンパ液は蝸牛や前庭で生成されて、内リンパ嚢で吸収されます...

≫続きを読む

 

病院で行う検査と診断条件

問診でほとんどが診断できる病院では先ずはじめに、問診を行います。問診では、どのようなめまいが起きるかを詳しく効きます。めまいの症状何回ほど繰り返すのか耳鳴りや耳閉感、難聴などの聴覚症状があるかめまいがおさまると耳の症状も消えるかなどを主に聞きます。上記の症状が当てはまり、脳に何も異常がない場合は、メ...

≫続きを読む

 

小脳を訓練法で活性化する

薬を使用しめまい発作の症状を和らげるめまい発作が起きたときには、横になるようにしましょう。楽になれる体制で頭が動かないように安静に保ちます。そして症状を和らげるために、抗めまい薬や抗不安薬などを服用します。吐き気などの症状がとても強いときは、注射や点滴を行います。症状がなくなってきたタイミングで、内...

≫続きを読む

 

脳幹と小脳が機能することでめまいが改善する

脳幹と小脳が機能することでめまいが改善する他のページで紹介している「寝返り体操」「ブラント-ダロフ法」「指はココ!体操」「首ふりウォーキング」の方法は、脳幹と小脳によって前庭代償という機能を活性化させることができます。前庭代償というのは、平衡感覚をつかさどる前庭器の代わりをになっていて、バランスをと...

≫続きを読む

 

小脳を刺激するとめまいは回復する

小脳の訓練法には3つの効果が望める前庭代償は、体に初めから備わってる機能ですが、それのみに頼ってしまっていては、めまいの回復に時間がかかってしまいます。そこで生み出されたのが「ブラント-ダロフ法」などの訓練法です。訓練によりとくに小脳を活性化させ、中・後期の前庭代償を促して、めまいの回復を早めます。...

≫続きを読む

 

生活習慣を見直してストレスをためない

過度なストレスはよいが過度になると問題ストレスは、外部からの刺激によって生じる体の緊張状態であり、ゆがみです。ストレスには暑さや寒さ、騒音などによる物理的な刺激、公害物質などによる化学的刺激、人間関係や仕事、育児などによる心理的・社会的刺激などがあります。一般にいわれるストレスは、心理的・社会的刺激...

≫続きを読む

 

ストレスの解消方法をみつける

ストレスを避けるのはむずかしい「ストレスをため込んでしまうのはよくない」と理解していても、ストレスを完全に回避するのはとても難しいことです。職場や家庭では、ストレスの原因となる事柄がたくさんあります。人間関係や仕事、育児や教育などをストレスを抱えずに行うのは無理に近いです。そのため「ストレスは現代社...

≫続きを読む

 

症状が重度の場合は手術を行うことも

内リンパ液を摘出、内耳の機能を無くす手術を行うメニエール病のほとんどは、小脳を活性化させる訓練や生活の見直し、薬による治療により、症状も落ち着きます。しかし、重症なメニエール病の場合もあります。症状としては日常生活に大きな影響をおよぼすような激しいめまいや、発作的にめまいが起こります。そこで最終手段...

≫続きを読む

 

 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧