このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

内リンパ液を摘出、内耳の機能を無くす手術を行う

メニエール病のほとんどは、小脳を活性化させる訓練や生活の見直し、薬による治療により、症状も落ち着きます。しかし、重症なメニエール病の場合もあります。症状としては日常生活に大きな影響をおよぼすような激しいめまいや、発作的にめまいが起こります。そこで最終手段として手術を行うこともあります。

 

メニエール病の手術は

メニエール病の手術は

内リンパ嚢を切開して内耳全体にたまった内リンパ液を取り除く「内リンパ嚢開放術

 

脳を包む硬膜を切開し、めまいを伝達している前庭神経を切断する「前庭神経切断術

 

内リンパ水腫が起きている三半規管や耳石器を壊してしまう「迷路破壊術

 

などがあります。

 

ただし、手術をしても再発してしまうことがあります。また、症状の度合いや手術によっては、聞こえが悪くなってしまうこともあります。そのため、医師としっかりと話し合い、しっかりと納得したうえで手術を受けるようにしましょう。

 

片側の耳が突然聞こえなくなる「めまいを伴う突発性難聴」

片側の耳が突然聞こえなくなる病気です。グルグルと周りが回っているような回転性のめまいが起こります、長くは続かず、繰り返し起こったりもありません。

 

片側の耳が突然聞こえなくなる「めまいを伴う突発性難聴」

メニエール病と大きく違ってくるのは、めまい発作は1回だけで、これがくり返し起こらない点です。難聴や耳触りはめまい感が良くなっても起こります。難聴の度合いは、耳が詰まった感じや、耳が全く聞こえないなどと個人差があります。

 

原因とされるのが、血流障害やウイルス感染などとされていますが、正確にはわかっていません。

 

突発性難聴は、発作が起きてから遅くても1〜2週間以内に治療をうけることが大切です。冷静を保つのと同時に、ステロイド剤や血管拡張剤などによる薬物療法も行っていきます。

 

激しい回転性のめまいが起きる「前庭神経炎」

脳につながっている前庭神経に炎症が起こってめまいがおきる中高年に多い病気です。
症状としては自分や周囲がグルグルと回る激しい回転性のめまいが数日間にわたり、断続的に続きます。

続きを読む≫ 2018/05/22 12:03:22

ストレスを避けるのはむずかしい

ストレスをため込んでしまうのはよくない」と理解していても、ストレスを完全に回避するのはとても難しいことです。職場や家庭では、ストレスの原因となる事柄がたくさんあります。人間関係や仕事、育児や教育などをストレスを抱えずに行うのは無理に近いです。

 

ストレスを避けるのはむずかしい

そのため「ストレスは現代社会では普通のこと」と考えて、上手くストレスを発散する方法を考えるようにしましょう。
例えば、自分の好きなこと、運動。音楽、読書、ショッピングなどどのような事でもかまいません。

 

1.ストレスを感じた時は深呼吸を行う

唐突にイラッとしたり、怒りがジワっとわいてきたりしたときは、大きく深呼吸を行うと気分が落ちついていきます。
呼吸は自律神経ととても深いかかわりがあり、息を吸うと気持ちを高める交感神経が優位に働き、息を吐くと気持ちを落ち着かせる交感神経が優位に働きます。これをくり返し行っていると、自律神経のバランスが整います。

 

2.質のよい睡眠でイヤな事を忘れる

色々と精神的な悩みを持っている人は、「悩みの事がきになり、つい考えてしまって眠れない」「眠らなければならないと」などの、不眠を訴えることが少なくないです。
それとは逆に、睡眠の質が低下することでウトウトが続いてしまい、目覚めにくくなることもあります。

 

不眠は自律神経のバランスを乱してめまいを引き起こす。
質の良い睡眠を実現するためには、一番最初に安眠できる環境を整えることが重要です。

 

3.泣き笑い、お腹の底から声を出す

大声を出すことでストレスを発散できます。泣いたり笑うことは、入浴や睡眠と同じぐらいのリラックス効果を得ることができるといわれています。
大声を出すことは

  • 腹筋
  • 血流
  • 呼吸

に刺激を与えて、交感神経を抑え副交感神経を優位にして、緊張を緩める効果が期待できます。

 

4.軽い体操や運動を行う

軽い体操や運動を行う

ストレスの解消を目的とする場合は、週に2〜3回で30分以上の時間を使い、ジョギングなどの一定のリズムで少し息の上がるような運動を行うと効果的です。
運動は頑張りすぎて無理をしても長続きしません。あまり負担になりすぎない運動を行うようにしましょう。

続きを読む≫ 2018/05/11 11:12:11

過度なストレスはよいが過度になると問題

過度なストレスはよいが過度になると問題

ストレスは、外部からの刺激によって生じる体の緊張状態であり、ゆがみです。ストレスには暑さや寒さ、騒音などによる物理的な刺激、公害物質などによる化学的刺激、人間関係や仕事、育児などによる心理的・社会的刺激などがあります。一般にいわれるストレスは、心理的・社会的刺激のことです。

 

とはいえ、ストレスは悪いことばかりではなく、過度なストレスは心身のバランスをとるための大切な要素です。過度に緊張しながら過ごしているからこそ危険管理ができ、安全に生活できるのです。しかし、体のバランスを崩すほどの過度なストレスは問題です。人には元に戻ろうとする生体恒常性という性質が備わっていて、ある程度のストレスがかかっても、しっかり休養をとれば元の状態に戻ることができます。しかし、強すぎるストレスが長期化する場合はそうはいきません。意識して逃げ道をつくってストレスを回避し、心身をリラックスさせることが必要です。

 

めまいは身体面のストレス反応の一つ

外部からのストレス刺激に適応しようとして、心身に生じる反応を「ストレス反応」といいます。メニエール病のめまいも、身体面のストレス反応の一つです。

 

一般的にストレス反応は、次の3つに分類されます。

 

1.心理面

不安、落ち込み、緊張、無気力、集中力の低下、思考力低下、イライラ、焦りなど

 

2.行動面

怒り、独立、拒食・過食、ミスや事故の増大など

 

3.症状面

めまい、頭痛、腹痛、疲労、節々の痛み、肩こり、胃痛、下痢・便秘、動悸、息切れなど
では、なぜストレスが心身面におよぶのでしょうか。ストレスが生じても、通常は交感神経・副交感神経の緊張と緩和によって自律神経はコントロールされています。しかし、過度なストレスが長期間かかると、副交感神経と交感神経のバランスが崩れて自律神経が乱れ、身体面にゆがみが生じるのです。

 

ストレスはめまい改善の障害にもなる

ストレスはめまい改善の障害にもなる

メニエール病はストレスが主原因といわれます。ストレスが強いときにめまいの症状が強く現れるからです。これは、めまいを改善する訓練にも影響をおよぼします。

 

完全に症状が消えないと納得できない」という完璧主義者や、「忙しくて眠る暇がない」というストレスの強いタイプの人は、訓練による治療効果が出るまでに時間がかかります。このような人は、ストレスを解消するための生活習慣の改善と訓練法を併用して行うことをおすすめします。

続きを読む≫ 2018/04/25 15:21:25

小脳の訓練法には3つの効果が望める

小脳の訓練法には3つの効果が望める

前庭代償は、体に初めから備わってる機能ですが、それのみに頼ってしまっていては、めまいの回復に時間がかかってしまいます。そこで生み出されたのが「ブラント-ダロフ法」などの訓練法です。

 

訓練によりとくに小脳を活性化させ、中・後期の前庭代償を促して、めまいの回復を早めます。

 

メニエール病を改善させる訓練は、小脳を刺激して活性化し、めまいを改善させる方法です。この方法は寝転がったり、首を振りながら歩いたりするだけなので、これで改善効果が見込めるのかと思う方もいますが、この訓練法はいろいろな効果があります。

 

1.めまいに慣れる

めまいが起こった当初は、

  • 今後どのような症状がおこるのだろう。
  • 何に原因があるのだろう。
  • 重い病気ではないのか。

などで、症状が激しいほど不安になってしまいます。
そしてその不安や恐怖感がめまいの症状を増加させることもあります。

 

めまいに慣れることがとても大切

めまいが起きても同様しないためには、めまいに慣れることがとても大切になります。小脳の訓練法としては、めまい自体に慣れてしまうことを目的としています。めまいに慣れてしまえば、体も上手く対応してくれるので、めまい回数も減っていきます。
この訓練を始めた初期のころに大きなめまいに襲われてしまうことがあります。しかし心配をする必要はありません。
訓練を続けていくと、めまいは少しずつ弱くなり回数も減っていきます。

 

2.目の動きをコントロールしめまいを起きにくくする

平衡感覚が正常に働いてるとき、頭の動きと目も動きは逆方向に調整されてしまいます。
頭が右を向く場合は目は左を向いてから正面を向き、頭が左を向くときは目は右を向いてから正面を向きます。
しかし、平衡感覚の機能が低下すると、目の働きがうまく調整できないので眼振が起こってしまいます。

 

右耳に障害が起きてしまうと、右に頭を向けると目は頭と一緒に右を向き、正面には戻りません。これが何回も起きてしまうと視線が定まらなくなります。

 

訓練を行うと最初の方は目の動きは一時的に乱れ、視線がなかなか定まらなくなります。訓練を続ける間に、小脳はバランスを取り戻すことができ、正常な働きを行うようになります。そしていざというときに小脳が働き、バランスをとれることが増えてくるので、めまいが起きる回数が減ります。

 

3.目や筋肉からの情報を増やして、バランスをとるようにする

いろいろな訓練の

  • 「体を倒す」
  • 「目や頭を動かす」
  • 「歩きながら頭を動かす」

耳の平衡感覚や視覚

などの動きは、耳の平衡感覚や視覚、筋肉や関節の深部感覚を刺激します。これらの刺激から得られる体の働きや位置、回転や重力などのいろいろな平衡感覚に関係がある情報が小脳を活性化してくれます。

 

もし前庭器の平衡感覚の働きも低下しても、その際には他の感覚器からの情報を使用してどのように対応したらようのかを小脳が学習し、実際の状況になった際も、コントロールできるようになります。訓練とは学習量を増やしていくものであり、さまざまな情報を整理し、活用するためのもです。小脳の学習によってめまいが回復していきます。

 

訓練を続けるときに注意すること

・症状が強いときには無理をしないで、回数や時間を調整します
・メニエール病の場合は、小脳を活性化するために目より入ってくるたくさんの情報が必要になります
・起床時と就寝時を含む1日2回以上、できることならば毎日続ける
・首振りウォーキング以外は、ベッドや布団の上で肩の力を抜いて、リラックスして行う

続きを読む≫ 2018/04/07 17:06:07
脳幹と小脳が機能することでめまいが改善する

他のページで紹介している

  • 「寝返り体操」
  • 「ブラント-ダロフ法」
  • 「指はココ!体操」
  • 「首ふりウォーキング」

の方法は、脳幹と小脳によって前庭代償という機能を活性化させることができます。

 

前庭代償というのは、平衡感覚をつかさどる前庭器の代わりをになっていて、バランスをとっている脳幹と小脳の動きをいいます。そしてめまいの最初に機能する「早期」と、後半に機能する「中・後期」が存在します。

脳幹は大脳と脊髄を繋いでいる根元にあり、めまいが起きたら脳幹部分が働いてめまい症状を軽減させます。
この働きが「早期の前庭代償」です。前庭器の平衡感覚が低下してバランスが乱れたときに、その乱れを整えようとする働きが体内には備わっています。

 

その一方で、小脳は後頭部の下の方にあり、体の運動機能をコントロールします。そして同時に視覚や聴覚、筋肉や関節などの感覚器より情報を受け取って、体のバランスを整える働きもしています。
前庭器より平衡感覚の低下の情報を受け取った際に、筋肉や関節などの感覚器と情報を合わせ、情報の違いを整えて、バランスをコントロールするのが小脳の働きです。
これが「中・後期の前庭代償」です。

 

  • 急性期:早期の前庭代償
  • 慢性期:中・後期の前庭代償

が働いて、めまいの症状を落ち着かせようとします。私たちの体の働きには、揺れたら揺れを押し戻すような平衡を保てる働きがあります。

 

前庭代償のしくみ

前庭代償は、平衡感覚をつかさどる前庭器の代わりとして、バランスを整える脳幹と小脳の機能の事です。

 

  • 早期の前庭代償:めまいの急性期に働く

めまいが起こった初期は、脳幹が働きめまい症状を軽減させる

  • 中・後期の前庭代償:めまいの慢性期に働く

体の運動を調整する小脳は、感覚器より受け取る情報の違いを調整してバランスを保とうとします。

続きを読む≫ 2018/03/20 16:41:20

薬を使用しめまい発作の症状を和らげる

薬を使用しめまい発作の症状を和らげる

めまい発作が起きたときには、横になるようにしましょう。楽になれる体制で頭が動かないように安静に保ちます。
そして症状を和らげるために、抗めまい薬や抗不安薬などを服用します。吐き気などの症状がとても強いときは、注射や点滴を行います。

 

症状がなくなってきたタイミングで、内耳の血行を良くする耳内循環改善薬、内耳のリンパ液の過剰を改善するための利尿薬を使います。
利尿薬を1〜2ヶ月使用すると、内耳の過剰なリンパ液が排泄されて、症状が改善傾向に向かいます

 

小脳を活性化させめまいを改善する

大きなめまいはなくなったのに、足元のふらつきがまだ残っている場合には、小脳を活性化させることでめまいを改善することができます。

 

「ブラント-ダロフ法」

「ブラント-ダロフ法」とは、めまい症状に慣れることで、めまいを引き起こしにくくする方法です。
内耳の障害の度合いにより違ってきますが、多くの人に効果が期待できます。

 

ブラント-ダロフ法に徐々に慣れてきたら、「指を目の前で動かす」訓練を行います。めまいが起こっても目が回らないように、目を正しい位置にコントロールすることが目的です。
それと同時に「首ふりウォーキング」も行います。これは、体の位置や動きに関しての情報を小脳に送ることにより、小脳の働きである「前庭代償」を刺激して、めまいを和らげることを目的とした訓練法です。

 

小脳を活精化する3つの訓練法

  • ブラント-ダロフ法

めまいに慣れることで、めまいを起こしにくくする方法

  • 指はココ!体操

目を正しい位置に調整するための訓練法

  • 首ふりウォーキング

小脳の機能である「前庭代償」を刺激してめまい改善をはかる訓練法

続きを読む≫ 2018/03/16 11:12:16

問診でほとんどが診断できる

病院では先ずはじめに、問診を行います。問診では、どのようなめまいが起きるかを詳しく効きます。

  • めまいの症状
  • 何回ほど繰り返すのか
  • 耳鳴りや耳閉感、難聴などの聴覚症状があるか
  • めまいがおさまると耳の症状も消えるか

などを主に聞きます。

 

上記の症状が当てはまり、脳に何も異常がない場合は、メニエール病の可能性が疑われます。

 

脳の異常の有無がメニエール病診断には重要

問診を行い、脳に異常が考えられる場合は、CTやMRIなどで脳の状態の画像診断を行います。次に耳の検査を行います。いろいろな音の周波数を用いて、聞こえない具合や難聴のレベルを調べます。メニエール病の場合には、低い音を聞き取りにくい「低音障害」、音が響いて聞こえる「補充現象」が現れます。
そして

 

そして、平衡機能調査では、内耳障害が確認されます。

 

メニエール病は誤診割合が高い

メニエール病は、耳鼻咽喉科を受診し、診断されてることが一般的です。しかし内科を受診した際に、良性発作性頭位めまい症と誤診されることがあります。
メニエール病の特徴としては、めまいと同時に耳鳴りや難聴といった聴覚の障害も現れます。良性発作性頭位めまい症は、聴覚の障害ではありませんが、耳鼻咽喉科やめまい専門の医療機関以外では、その診断が難しいです。よって病院へ行く時は、専門機関を訪れることが重要になってきます。

 

メニエール病の検査
【問診】
  • どんなめまいなのか
  • 何回もくりかえすのか
  • 耳鳴りや耳閉感、難聴などの聴覚障害を伴うか
  • めまいがおさまると聴覚の障害症状はなくなるか
【聴力検査】
  • ヘッドフォンをして音を聞き、聞こえると装置のボタンを押す。これを低音から高音まで行う。
【平衡機能検査】
  • 眼振検査などを行い、内耳の有無を調べる。
続きを読む≫ 2018/02/26 15:56:26

内耳にある内リンパ液の水ぶくれが原因で起きる

内耳にある内リンパ液の水ぶくれが原因で起きる

メニエール病の主な原因は、内耳にあるリンパ液の水ぶくれ(内リンパ水腫)とされています。
内耳には耳石器や三半規管があります。そして蝸牛は筒状になっていて、内側は内リンパ液で満たされている状態です。

 

このリンパ液は蝸牛や前庭で生成されて、内リンパ嚢で吸収されます。しかし何らかの原因で過剰に作り出されたり、吸収されなかったりして、内耳全体がパンパンに膨れてしまいます。この腫れにより、三半規管や耳石器の感覚受容器が圧迫されて、めまいやふらつきが起きます。
また、蝸牛の感覚受信器が圧迫されてしまうと、

  • 耳鳴り
  • 難聴
  • 耳閉感

などの症状が起こります。

 

ストレスが原因で水分が溜まる

ストレスが原因で水分が溜まる

内リンパ液が過剰に作られてしまう原因は、はっきりとわかっていませんが、可能性の一つとして考えられているのがストレスです。
ストレスによりホルモンを分泌する働きに乱れが生じてしまい、抗利尿ホルモンに悪影響を与えて水分が溜まってしまうのではないのかと考えられています。
内耳でも同様に内リンパ液をため込んでしまい、水ぶくれが起きてメニエール病を発症してしまうのではと考えられています。

 

ストレスが引き金となり起きる

ストレスを溜めこんでしまう人は要注意
メニエール病は別名「ストレス病」ともいわれています。
発症のきっかけとなるのは、

  • 職場や家庭内での人間関係の悩み
  • 育児・介護などからくる疲れ

などによるストレスです。

 

几帳面な人がなりやすい

めまいは几帳面な人がなりやすい

責任感がとても強くて、几帳面な人は緊急事態に備え、常に緊張状態にあるので、ストレスを常に受けている状態にあります。この過剰なストレスが、ホルモンのバランスを大きく乱します。
その一つが抗利尿です。このホルモンをたくさん分泌させることで、緊急時に備えているのですが、これによって水ぶくれを起こしてしまいます。

 

定期的にストレスを解消できれば、抗利尿ホルモンの分泌が制御されて、めまいは解消されます。

続きを読む≫ 2018/02/13 16:21:13

良性発作性頭位めまい症の次に多い症状

良性発作性頭位めまい症の次に多い症状

めまいを引き起こす病気の中で、良性発作性頭位めまい症の次に多い病気はメニエール病になります。
次に多い病気といっても、良性発作性頭位めまい症の患者さんは、めまいふらつきを引き起こす病気の過半数を占めています。それに対して、メニエール病の場合は、めまいを引き起こす病気の10%ほどしかありません。

 

 

メニエール病は、女性よりも男性に多く、働き盛りの人に多い傾向にある。
メニエール病というのは、内耳の病気になります。
症状として代表的なものが

  • 自分自身がグルグルと回る
  • 周囲がグルグルと回る

このような回転性のめまいが頻繁に起こり、発作と同時に耳鳴りが起きたり、音が聞き取りにくいなどの聴覚障害も起こります。まれに、動悸、嘔吐、吐き気などの症状を伴うこともあります。

 

メニエール病の発作は20〜30分から半日ほど続き、発作の繰り返す間隔はその時により違ってきます。発作は次第におさまってきます。発作がおさまってしまえば、普通の生活が可能ですが、軽めのふらつきを感じたり、耳鳴りが続いたりすることもあります。

 

メニエール病のめまいふらつき症状は間隔をあけて起こることがあり、その頻度として人それぞれで違ってきます。

 

メニエール病によるめまいの特徴は
  • 1回の発作は20分前後で半日ほど続き、徐々におさまっていく。
  • 発作と合わせて耳鳴りが起こる。耳が詰まったような感じが起こる。
続きを読む≫ 2018/01/24 12:04:24

 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧