めまいと自律神経の関連性

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

めまいと自律神経の関連性

自律神経が乱れていると様々な不調が出てきてしまいますよね。その中の一つがめまいです。めまいという症状を体験した事がある人は多いのではないでしょうか。
では、自律神経が乱れると何故めまいが起きてしまうのかその理由を紹介したいと思います。

自律神経が乱れるとめまいが起こる理由

自律神経が乱れると副交感神経よりも交感神経の方が有利になった状態になります。そうすると人間の身体は血管の筋肉の収縮が起こり血流が悪くなってしまうのです。

 

この筋肉の血流が悪くなるというのは、人間の体の全てで起こってしまいます。めまいが何故起こるのかというと、耳の中の三半規管というからだのバランスを司っている器官に異常が起こるとめまいが起きるといわれています。

つまり、三半規管の血流が悪くなり、めまいという症状が起きるのです。熱があるわけでもないのに、めまいが起きてしまったら自律神経が乱れていないか確認してみてくださいね。

 

めまいの症状をおさえるためには自律神経を整えなければいけません

 

自律神経を整えるにはにんにくが効果的

自律神経を整えるにはにんにくが効果的

自律神経は食べ物で整えることができ、特ににんにくがおすすめと言われています。にんにくに含まれる成分はたくさんありますが、特に「アリシン」という成分が有効だといわれています。

 

■効果が期待できる「にんにく玉」とは

 

アリシンは血液そのものの流れを改善したり、体の器官に十分な酸素を吸収出来るようになります。そして、にんにくの中でもにんにく卵黄はさらに自律神経を整えるのに効果的だと言われています。

 

自律神経失調症には副交感神経が萎縮して交感神経が優位になってしまっているケースもあります。神経の伝達にはアセチルコリンという物質が関わっている事が分かっているのでストレスなどで萎縮した神経はより多くのアセチルコリンを必要とします。

アセチルコリンは卵黄に含まれる卵黄コリン

このため、不足してしまうと自律神経のバランスにも影響を与え、萎縮した神経の伝達がさらに悪くなるという事につながります。そして、そのアセチルコリンは卵黄に含まれる卵黄コリンという物質で、不足したアセチルコリンを生成してくれます。

 

にんにく卵黄が相性抜群

アセチルコリンが補充されるとにんにくとの相乗効果でスムーズになった血液が神経に運ばれるため自律神経の働きも活発になります。このため、にんにくがいいとされ、さらににんにく卵黄の方がさらに効果的といわれています。

 

もし、めまいで悩んでいる人は日ごろからにんにくを食事に取り入れてみる事をおすすめします。
にんにくは普通に食べるのは難しいので食事に入れて一緒に食べるといいです。
是非、ためしてみてくださいね。

 

■効果が期待できる「にんにく玉」とは





めまいと自律神経の関連性関連ページ

めまいの原因となりうる6つのSをとり除く
めまいや耳鳴りの原因となる6つのSではじまる事柄があります。その中でも特にストレスには注意が必要です。
2つのストレスが大きく関係する
めまいや耳鳴りの原因はストレスであることが多く、そのストレスは大きく分けて身体のストレスと心のストレスの2つに分けることができます。
不規則な生活リズムは身体ストレス
不規則な生活リズムは身体ストレスを与えてしまい、自律神経と交感神経のバランスが崩れてしまいます。
主なめまいの原因一覧
一言にめまいといっても、症状はまっすぐ歩けなかったり、物が揺れて見えるたり、ふらつきや目の前が真っ暗になったりしたりといろいろあります。場合によっては頭痛を伴う場合もあります。めまいを感じた場合は軽度であっても油断せず病院に行きましょう。
「がんばるぞ!」の意気込みは逆効果
めまいや耳鳴り症状のを和らげるには、ストレスを溜めない考え方をすることが大切です。
めまいや吐き気の原因について
めまいと吐き気の関係や原因について掲載しています。吐き気やめまい、嘔吐の原因となる病気はたくさん存在します。症状としては腹痛や頭痛を伴うこともあります。
ぐるぐると回るめまい・・回転性めまいの特徴
回転性めまいの特徴はその名の通り、「自分がぐるぐる回っているように思える」 「見ている景色が回っている」 「身体がふわふわする」といった意見があります。めまいは悪化してくると吐き気を感じ、直立・歩行が困難になります。原因の種類は多くあります。
浮動性めまいというめまいの特徴とは
浮動性めまいは脳などに異常が起きた時に起こる可能性が高いものです。わかりやすい特徴はふわふわとした感覚になり、まっすぐに歩くことができなくなったりします。特に脳に異常がある場合は激しい頭痛が襲う場合がありますのですぐに病院にいきましょう。
ふわふわしためまいの改善について
ふわふわするような、めまいの改善について調べてみました。改善には生活習慣の見直しで自律神経を整えることなどがとても大切になってきます。
動揺性めまいの特徴とめまいの原因
動揺性めまいの特徴は、雲の上を歩くようなふらつきがあり、同時に吐き気や動悸の他に呼吸困難などの様々な症状が現れます。動揺性めまいの原因は、脳幹や小脳の機能低下が起きている場合やひどい肩こりから起こる場合があります。
めまいの前兆に起こる眼前暗黒感の特徴
眼前暗黒感とは、急に目の前が真っ暗になる症状のことです。脳の血流が悪くなる事で起こります。そのため、失神の前兆を知らせてくれるという特徴があります。この症状が起こる要因は、心臓に疾患を抱えていることや、自律神経失調症などです。
めまい、ふらつきの個別の症状と原因
疲れを伴う肩こりは、肩の部分の血流を流れにくくしている作用があるので、重度の場合はめまいやふらつき症状になりやすいです。めまいになる原因は様々であるが、まずは病院に行ったり、休養を第一にしてしっかりと体調を整えることが大事です。
眩暈の種類と症状
めまいの症状や種類はたくさんそんざいします。こちらでは一般的な眩暈の種類と症状をご紹介していきます。
めまいやふらつきが起こる脳血管障害
脳梗塞や脳出血などの血管障害が原因でめまいやふらつきが起きることがあります。
耳鳴りやめまいと地震の関係性
よく地震の前兆として耳鳴りやめまいを感じるという人がいます、この因果関係はどのようなものなのでしょうか。
梅雨の時期のめまいふらつき
ジメジメとした梅雨の時期にはめまいふらつきの症状が出ることが多くなります。その原因の一つとして天気病や気象病と言われています。
夏バテでめまい、吐き気?原因と対策とは
夏バテでめまい、吐き気?原因と対策をお話しします。人によぅて夏バテをする人としない人がいると思います。あと体質も関係するようですね。もともと少食の人は、夏バテ体質になりやすいと聞きました。

▲ページ上へ戻る



 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧