東洋医学でめまいは、6つのパターンに区分する

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

東洋医学でめまいは、6つのパターンに区分される

東洋医学でめまいは、6つのパターンに区分される

 

ほとんどの人々は、高いビルや断崖の下を見下ろすと、めまいを感じます。原因は、一時的な現象から、機能的、病的現象に至るまで様々であります。

東洋医学でめまいは、6つのパターンに区分される

  • 低血糖
  • 低酸素
  • 脱水
  • 心臓病
  • 脳腫瘍
  • 蝸牛異常
  • 急性肝炎
  • 薬物反応

などで起こることもあります。

 

病院に行って、様々な検査が正常値で判定されたのに、未だに原因が分からない場合は、東洋医学的な接近が有用であります。脈を見て、漢方薬を飲み、針を打つ一連の治療過程を想像しますが、東洋医学とは思ったよりもかなり深い世界であります。

 

東洋医学では、6つのパターンに区分します。

 

 第一、肝の急激な量のエネルギー上昇です。顔は赤く、耳鳴り、頭痛、重度のめまいが発生します。激しい怒り、悔しさなどが原因です。

 

 第二、肝に怒りが込み上がる場合です。第一パターンの症状にのどの渇き、苦い口当たり、黒い尿や黒便が同伴することもあります。

 

 第三、肝の風が上昇することです。めまいがひどく、体のバランスを失い、手足が震えてパーキンソン病のように見えたりもします。

 

 第四、胆が詰まることです。めまい、食欲皆無、鉄のバントをしているように頭が重く、精神散乱、吐き気、疲労困憊、胸苦くるしさ、口の中がネバネバする症状が現れます。

 

 第五、気と血が弱い場合です。めまい、不眠、疲労感、蒼白な顔、うつ病などを見せます。肌が荒れて脱毛現象、無月経、体重減少などを伴うこともあります。

 

 第六、腎臓の虚症から来るめまいです。頭が空っぽのような感じや記憶力減退、腰痛、ひざ痛、うつ病の症状、性欲減退、不眠などがめまいと共に現れます。

 

東洋医学では、パターンに応じて鍼治療をするか漢方薬を処方するかどうかを決定します。
場合によっては、鍼と漢方薬を併用することもあります。
一見曖昧なように見える時もありますが、病気の深さと原因に応じてキリのように正確に患部を刺したり、カミソリの刃のように鋭く病理的現象を取り除いてくれます。





東洋医学でめまいは、6つのパターンに区分する関連ページ

めまいが起きたときには安静にする対処法を
めまいを感じたら、対処法としては何よりも安静にすることです。その際、締め付けない楽な服装で、吐いてしまっても吐瀉物が詰まらない様に横向きに寝ます。目を休ませるために、動くものを注視しないようにします。光も悪影響なので、目は閉じておきます。
良性発作性頭位めまい症の改善にエプリー法
良性発作性頭位めまい症は、耳が原因で起こるめまいの代表的なもので、内耳の三半規管の中に結石が生じ、平衡感覚に異常が起きるのが原因です。治療法にはエプリー法があり、これは体を決められた方法で傾けることで、原因である結石を排出させるものです。
めまい、頭痛などに 漢方薬の効能について
めまいは原因不明の体調不良のため改善には漢方薬が有効的です。この薬は弱ってしまった体の機能を回復することで本来の力を取り戻すのに有効です。無理にではなく、自然と体調を改善させられるところがこの薬の良いところです。
めまいの検査にかかる費用とは
めまいの症状が続く方の検査費用はどのくらいでしょうか。病院・方法にもよりますが、簡単なものでしたら千円もかかりません。しっかりとしたものは一万円程度かかりますが、めまいは怖い病気です。するのならしっかり診ていただいた方が安全です。
血液検査を始めとしためまいの検査の種類
めまいは、命に関わる病気の前触れの症状の場合があります。脳に関わる前触れである可能性もあるので、血液が脳に流れるときに何らかの症状が出ている可能性を考えて、血液検査による血の成分によって、総合的に病気を判定します。
血圧上昇により起こるめまいの意味
血圧が正常値よりも高くなる場合には、血圧上昇による動脈硬化を起こしやすくなります。従って、脳内の動脈を流れる血管の間に血栓ができやすくなって、脳梗塞の前兆となる時のめまいが起こりやすくなるのが特徴です。
薬の副作用によって起こるめまい
副作用によるめまいや軟調は、過剰摂取、併用によるもの、薬そのものが原因である場合が考えられます。医師に相談して用量の変更や使用の中止、変更をする必要があります。自分の判断で使用を止めるのは危険ですので、必ず医師の相談しましょう。
同時にめまい以外の症状があるかをチェックする
めまいは不快な症状です。めまいが起きた時はリラックスをして安静にすることです。それでも治まらない時は、救急車の手配をしてもらってください。重要な事は脳に障害があるかをチェックすることです。呼びかけても反応が無い時は、脳に障害が疑われます。
嘔吐や強い頭痛を伴うめまいは注意が必要
めまいを起こした際には、とにかく安静にすることが第一です。嘔吐を伴う場合、これまでに経験したことがない程の強い頭痛を感じる場合には、脳に何らかの異常が起きている可能性があるため、至急病院へ行くことが重要です。
めまいと手のしびれは脳梗塞のサインかもしれない
めまいと手のしびれは、脳梗塞の予兆の可能性が高いです。血管が詰まり脳に血液が行かず、時間が経つと血栓が大きくなり血管を塞いでいきます。後遺症が残る前に、すぐ病院へ行く方がよいです。早期治療なら症状が軽いままで、簡単に済む場合があります。
ハント症候群でもめまいが起こる
ハント症候群でもめまい症状がおこることがあります。帯状疱疹と同時に症状が出る場合はハント症候群の疑いがあります。
めまいや耳鳴りが症状として現れる心の病気
めまいや耳鳴りの原因が耳鼻咽喉科などで調べてもわからない場合は、うつ病やパニック障害などの心の病気が原因の可能性があります。その時は心療内科や精神科を受診するようにしましょう。
子どもの立ちくらみ、めまいは起立性調節障害が多い
子どものめまいの原因として多いとされている起立性調節障害。その特徴やメカニズムを説明します。
入浴はめまいや耳鳴りの予防に
入浴はめまいや耳鳴りの予防に最適です。しかし、温度が高すぎると逆効果になりますので、入浴の際の温度調整は気を付けましょう。
脳から生じるめまい
脳が原因で引き起こされるめまいは、耳からくるめまいとくらべると、そんなに多くはありません。

▲ページ上へ戻る



 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧