めまいやたちくらみによる眼前暗黒感の対策と治療

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

めまいやたちくらみによる眼前暗黒感の対策と治療

めまいやたちくらみによる眼前暗黒感の対策と治療

 

たちくらみと一言で言っても回転性めまいや動揺性めまい、そのなかにはあまり聞きなれない眼前暗黒感というたちくらみに近いめまいも存在します。

 

回転性めまい…

ぐるぐるとまわりが回転してみえる回転性めまいは主に三半規管の異常でメニエール病とも深い関係も持っています。動揺性めまいはまるでふわふわと雲の上を歩いているようなふらつきを起こすめまいを感じることがあり、脳の一番下にある平均感覚をコントロールする脳幹の機能が低下していたり病気になっていたりすると起きる場合が大きいです。

 

眼前暗黒感…

眼前暗黒感というのは名前こそ浸透していないものの、急に立ちあがると目の前がまっくらになったり、お風呂から上がった後急に出た際の眼前暗黒感など、皆さんも意外と経験している方も多いのではないでしょうか?

 

この眼前暗黒感の対策としては低血圧が大きく関係しており、鉄分の多いレバーやホウレンソウ、あと意外にもあおのりなどもたくさんの鉄分が含まれており意識的に食べてみるのも眼前暗黒感の予防にもつながります。

 

さらに病院へ行くと昇圧剤や、血管の収縮を助けてくれる薬物治療などもあります。
次の理由としては自室神経のバランスが乱れて起こる眼前暗黒感です。
この対策としては多くの場合、自律神経が乱れ、何らかのストレスが誘因となって起きてしまう場合がおおく、なるべくストレスを抱え込まない、たまには外に出かけゆっくりと心を休めるなどの対策が一番効果的です。

 

治療法…

治療法としてはイライラ、食欲不振、不眠などを軽減してくれる睡眠導入剤や自律神経調整薬、抗うつ剤などが病院で持ち出される最良の治療です。

 

他にも自分で気づかないうちに体の内臓、例えば胃潰瘍や十二指腸などから出血することがあります。そのような内臓での出血があれば同じように眼前暗黒感となるので、もしも胃に痛みがあるようになった場合は早急に医者に行くのが万全の治療法です。

 

また、精神的なショックでも立ちくらみやめまいなどを発症することもあり、そのような場合には体を横にして安静にしているのが一番の対策となるでしょう。





めまいやたちくらみによる眼前暗黒感の対策と治療関連ページ

めまいの種類の一つである眼前暗黒感を引き起こす原因
めまいにも種類があることをご存知ですか?座った状態から急に立った場合、立ち上がると同時に血液も上ならなければなりません。その血圧が高ければめまいは起きません。しかし、何かの理由で血圧が上がらないと眼前暗黒感という病気が原因かもしれません。
障害を受ける部位により3つに分けることができる
めまいの原因は障害を受ける部位によって3つに分けることができます。その多くに自律神経やホルモンバランスなどが関わってきます。

▲ページ上へ戻る



 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧