突然めまいや吐き気が起きた時は

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

突然めまいや吐き気が起きた時は

突然めまいや吐き気が起きた時は

 

突然めまいや吐き気等の症状が起きた時は、代表的な所で

  • 突発性難聴
  • メニエール病
  • 前庭神経炎

の疑いが有ります。

 

突発性難聴とメニエール病は似た様な症状の病気で突発性難聴の原因ははっきりした事は分かりませんが今の所ウイルス感染説や循環障害説が多くそれらの障害を受ける事でで突然難聴が起きる病気で、メニエール病は内耳の内リンパ腫が過剰になり内リンパ水腫となりそれが原因で起きます。症状としては突然の難聴、耳鳴り、めまい、吐き気等でひどい時は嘔吐する時も有ります。

 

検査及び診断

検査及び診断については耳鼻咽喉科で突然難聴が起きた時の原因を探る事から始まり、耳のX線や純音聴力検査が行われ場合によっては精密な聴力検査や平衡機能検査が行われる事も有ります。ただ突発性難聴では聴力の改善や悪化を繰り返す事が無く、聴力の改善や悪化を繰り返す場合はメニエール病が疑われます。
突発性難聴をきっかけとして聴神経腫瘍を発症する場合も有りますので、聴神経腫瘍の疑いが有る場合はMRI検査を行う事も有ります。

 

治療法

治療法は突発性難聴の場合はステロイド薬、循環改善薬、ビタミン薬等の多剤併用両方が一般的に行われていますが、出来るだけ早い通院が望まれます。突然の難聴にめまいが重なる場合は極めて予後が悪い事が多く、1か月を経過すると改善がかなり難しくなります。

 

メニエール病の特徴は低い音が聞こえにくい低音障害型と音が響いて聞こえる補充現象陽性が有り、平衡機能検査では内耳障害が見られる事が有ります。治療法は主に抗めまい薬や内リンパ水腫を軽減する薬が使われますが、症状が進み突然の難聴の回数増えたりやめまいがひどくなると手術を行うケースも有ります。

 

前庭神経炎は片側内耳前庭器官が突然障害され起きる病気で、突発性難聴やメニエール病との違いは聴覚の障害が無い事です。聴力検査では正常な事が多く、温度眼振検査では耳の温度反応の急激な低下や反応が無くなる事が有ります。

 

治療法は基本的に安静と薬による治療が行われ、早期治療では前庭器官が改善する事が有ります。突発性難聴でもメニエール病でも前庭神経炎でも突然の難聴が起きたら、早期の診察で改善が可能になります。





突然めまいや吐き気が起きた時は関連ページ

めまいや吐き気を伴った症状のあるメニエール病
めまいや吐き気が症状として起きるメニエール病について。突然の吐き気やめまいを引き起こす時はメニエール病が疑われることがあります。
頭痛やめまい吐き気があるときに注意したい事
頭痛やめまいの症状が現れている時に注意しなければなりません。酷い場合は吐き気や嘔吐などがおこることもありますので、症状が現れた時は気を付けましょう。
めまいがして身体がふらつきを呈すれば吐き気も覚える
めまいによりふらふらした状態になると吐き気を催す人が多いです。めまいを覚えるという時には、同時に身体もふらつきを呈してしまうという状態になります。 そもそもがめまいは、身体が平衡感覚を失ってしまう状態から起こるので、めまいと共に身体もふらつき状態となってしまいます。
めまいや吐き気、汗を伴う疾患について
めまいや吐き気ばかりか、汗をも伴う疾患があります。めまいや吐き気、汗を誘発する病気はたくさん存在します。めまいや吐き気の原因は脳から精神的なことまでとさまざまです。
めまいや吐き気は市販薬の前に病院へ
激しいめまいや吐き気が起きたら、市販薬ではなくで病院できちんと検査をして薬を貰いましょう。めまいや吐き気の原因はストレスから起こるものも多く存在します
吐き気を伴う強いめまいが起る前庭神経炎
前庭神経炎は急に激しい回転性のめまい、嘔吐などの症状が起こり、ひどい場合は入院する必要があります。
好きな飲みものが身体の負担になる
コーヒーや緑茶に含まれるカフェインを摂り過ぎると興奮作用により、自律神経が乱れめまいや耳鳴りの原因になります。またアルコールの分解時に生み出されるアセトアルデヒドも体内で増えると、血管を収縮させられ、めまいや耳鳴りを誘発させてしまいます。
吐き気をもよおす三半規管のめまい
三半規管が原因でのめまいは吐き気をもよおすことがあります。そもそもめまいの多くが三半規管の影響によるものです。

▲ページ上へ戻る



 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧