めまい・ふらつき関連のよくある質問

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

めまい・ふらつき関連のよくある質問

めまいに関してのよくある質問

日常生活での疑問

めまいとタバコの関係は?
車の運転の際に気をつけることは?
夜めまいが起る原因は?
めまいとアルコールの関係は?
めまい予防に良い食事は?
めまい予防に悪い食事は?

薬についての疑問

市販薬でめまいに効く薬はありますか?
薬を飲めばめまいは解消しますか?
薬は飲みたくありません。
薬とサプリメントの飲み合わせは?

めまいと頭痛の関係

めまいと偏頭痛の関係
めまいと低血糖の関係力
めまいと血圧異常の関係
めまいと妊娠症状の関係

日常生活での疑問

めまいとタバコの関係は?
タバコに含まれているニコチンは血管を収縮せる作用があり、血液の酸素を運ぶ能力を低下させて酸素不足を引き起こします。この酸欠状態が脳や内耳の働きに影響を与え、めまいのを引き起こす原因になるので禁煙を心がけましょう。
車の運転の際に気をつけることは?
知らない人が多いと思いますが、車の運転をするとめまいは出やすくなります
特に高速道などの、スピードが出る運転は大変めまいは、出やすいと言われています。
また、特にトンネル,橋、夜の運転はめまいは出やすくなりますので注意が必要です。
夜めまいが起る原因はとは?
夜にめまいが起こる人の多くは、夜になると自律神経が乱れるが原因だとされています。
自律神経を整えるためにリラックスをしたり、サプリメントを飲むことをお勧めします。
めまいとアルコールの関係は?
めまいの症状がある時にアルコールを摂取すると、必ず症状が悪くなりますからアルコールは厳禁です。
また、症状がなくてもアルコールを摂取することにより、症状が悪化して現れることもありますので注意が必要です。
めまい予防に良い食事は?
めまい予防においては暴飲暴食を避けて栄養バランスのとれた食事を規則正しくとることが大切です。
めまいに良い食材として特別なものはありませんが、血流改善、疲労回復、貧血予防としてビタミンB1・B2・B6・B12 などのビタミンB群やビタミンC、ビタミンE、マグネシウム、亜鉛、鉄などを含む食事が好ましいです。
めまい予防に悪い食事は?
めまいに限ったことではありませんが、塩分のとり過ぎには注意が必要です
また生活習慣病(糖尿病、高血圧、肥満など)はめまい発症に関わっていますので塩分に加えて、
糖分、脂肪も控えめにした方が良いでしょう。


薬についての疑問

市販薬でめまいに効く薬はありますか?
めまいといっても症状は様々で、他の病気も隠れていることもあります。
病状がはっきりわからない状態で薬を使いのは危険ですので、一時的に抑えたいのなら
車酔いなどが効果的です。長く続くようなら病院に行くことをおすすめします。
薬を飲めばめまい、ふらつきは解消しますか?
ほとんどのめまい、ふらつきの症状は薬の服用で解消されますが、
病気の種類や症状の程度によって薬以外の治療が必要となることもあります。
薬は飲みたくありません。サプリで症状は治まりますか?
めまいの原因や飲むサプリによってはっきりとしたことは言えませんが、→こらち←で実感などの検証をしていますので、よろしければご覧ください。
薬とサプリメントの飲み合わせは?
薬とサプリメントの飲み合わせは基本問題はありませんが、心配な方は担当医師に確認してください。

めまいと頭痛の関係

めまいと偏頭痛の関係
偏頭痛は、文字通り頭の片側だけが痛む頭痛のことです。
痛みの特徴としてはドクドクと脈を打つような痛みが起こります。頭の片側だけが痛くなり、
同時にめまいや吐き気などの症状に襲われるのであれば、偏頭痛からくるめまいかもしれません。
偏頭痛の原因としては、日々のストレスや、カフェインの取りすぎや、天候の変化、過労、女性であれば生理などが挙げられます。
めまいと低血糖の関係力
体が低血糖になっている場合は、頭痛やめまいの症状よりも先に空腹感が強く襲います。
そしてその時に何か食べ物や飲み物を体に入れないと、次の症状としてめまいや頭痛、吐き気などが現れてきます。
低血糖になってめまいや頭痛の症状が起きる前にしっかりと糖分を補給するようにしましょう
めまいと血圧異常の関係
高血圧の人が頭痛やめまいの症状を起こした場合、脳卒中や脳出血などの重大な病気につながる可能性があります。
頻繁に頭痛やめまいが起きていて、高血圧の方は早めに病院に行くのをおすすめします。
めまいと妊娠症状の関係
女性は妊娠するとホルモンバランスが大きく変化します。
そのため、吐き気や、めまい、頭痛が現れることが多いです。
今まで頭痛やめまいがほとんど起こらなかった方が、このような症状が突然起きた場合は妊娠の初期症状を疑うべきです。その場合は早めに病院で診察してもらうようにしましょう。



▲ページ上へ戻る



 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧