自律神経が原因のめまい

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

自律神経が原因のめまい

交感神経と副交感神経は反対の動きをする

交感神経と副交感神経は反対の動きをする

妊娠中や更年期、老年期に増加するめまい症状は、自律神経やホルモンの乱れが原因となることがあります。
自律神経は中枢神経から出ている末梢神経の一つで、日中の活動する際に働く交感神経と、夜間に働く副交感神経で構成されています。
この神経は、お互いに相反する働きを行います。その理由としては、自律神経がいろいろな臓器や器官の働きを自動的に調整するためで、その時の必要に応じて、どちらかが強く働く働きます。

 

私たちが寝ているときでも呼吸をし、発汗し、体温や血圧、脈拍を一定に保つことがでるなどは、特に意識しなくても自律神経がしっかりと働いているからです。

交感神経は拍動を促して脈を速くし、副交感神経は拍動を抑えて脈を抑制します。

 

血管

交感神経が血管を収縮させ、副交感神経が血管を拡張させます。

 

血圧

交感神経が血圧を上昇させ、副交感神経が血圧を降下させる。

 

発汗

交感神経が発汗を促進し、副交感神経が発汗を抑制する

 

消化運動

交感神経が消化運動を抑制し、副交感神経が消化運動を促進する。

 

若年層、妊産婦、更年期の女性に多いめまい

代表的な精神的ストレス

自律神経の中核となる部分は、間脳の視床下部に存在し、脳幹や脊髄を通り体の色々な個所に分布されています。
24時間、常に働いている神経になるので、精神的・肉体的ストレスの影響を受けやすく、ストレスが過剰になりすぎると、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

 

代表的な精神的ストレス
  • 人間関係
  • 仕事のプレッシャー
  • 過労
  • 色々な悩み

 

自律神経の乱れが現れやすいのは、心身が成熟していない若い女性や、妊娠中に特有のホルモンが分泌される妊婦さん、ホルモン分泌が低下する更年期の女性などに多くみられます。
自律神経は全身の内臓や器官を調整しているので、それが乱れてしまうと、全身にいろいろな症状が出てきます。特に多くみられるのが、「慢性的な疲労感、めまい、頭重・偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘・下痢、手足のしびれ」などです。

 

自律神経の働きが悪くなってしまい、血圧調整の働きが弱くなると、血圧が低下し脳幹や大脳皮脂に血液を十分に送ることができなくなり、少し立ち上がっただけでも血圧が下がりめまいを引き起こしてしまうことがあります。

 

自律神経の乱れが原因でめまいが起こる
精神的ストレス
  • 人間関係
  • プレッシャー
  • 過労
  • 悩み
身体的ストレス
  • ホルモンの乱れ
  • 寝不足
  • 不規則な食事




自律神経が原因のめまい関連ページ

肩こり・首のこりは重度症状だとめまいも
首のこり、肩のこりに悩まされる方は多いと思います。症状が酷くなってくると、めまいを起こすこともあります。酷い肩こり、首残りには血行を良くするために温めたり、運動をして原因を解消しましょう。慢性化しやすいので注意が必要です。
めまいや耳鳴りなどを伴う難聴症状はメニエール病
めまいと耳鳴り・難聴や耳閉感に同時に襲われ、立っていられない程の症状が出る場合、メニエール病の可能性があります。この疾患の原因はリンパ水腫により感覚細胞が障害される事で発症します。また、この疾患は厚生労働省の難病指定を受けています。
めまいと同時に起きる吐き気嘔吐症状に対する対処法
めまいが起きるのと同時に、吐き気を感じたり嘔吐してしまうことがあります。考えられる原因はいくつかあります。まず、耳の病気です。メニエール病の発作では立っていられなくなることもあるようです。前庭神経炎、突発性難聴、中耳炎なども考えられます。
中耳炎や内耳炎で起こるめまいの症状は水毒
中耳炎や内耳炎は、体内の水分量によって起こる病気です。必要以上に水分を含んでいたり、ばらつきがあると、体内で水毒が発生します。その水毒により、めまいなどの症状を引き起こします。そのため、日頃から余分な水分を排泄する必要があります。
顎関節症の症状による痛みとめまい
大きく口を開けたとき、顎の関節がずれたり、顎自体に痛みを感じる症状はありませんか。顎関節症の疑いがあります。大きな問題はないと放置しがちですが、 食いしばったり、頬杖をついたりする癖を続けると、顎が歪み、めまいの原因になる場合もあります。
めまいや動悸などの症状を伴う自律神経失調症
めまいや動悸を伴う疾患で、自律神経失調症の可能性があり、規則正しい生活を心がけたりストレスを発散する事で軽減する事があります。しかし、こういった対策で症状が軽減しない場合は医療機関で受診する事をお勧めします。
脳脊髄液減少症によるめまいについて
脳脊髄液減少症は、脳と脊髄を守っている髄液が漏れだすことによって、頭蓋内に脳が浮かんで、沈み込んでしまう病気です。この病気が生じると、めまいや頭痛、首の痛み、不眠などになります。鎮痛剤が効きにくいので、専門機関に見てもらう必要があります。
めまいと脳梗塞の関連性
めまいが起こる原因は様々な要因があるので、一概に脳の血管の異常につながるわけではないのです。脳梗塞になる要因として、手や足の痺れが伴うのが特徴ですが、原因がはっきりしないので、めまいが起こったときは早めに脳神経外科に行きます。
突然めまいがするメニエール症候群
突然の激しいめまいと、それに伴う耳の異常がメニエール症候群の特徴です。内耳のリンパ液の異常が原因とされていますが、実際にはこの病気の発症原因は未だはっきりと解明されていません。自然回復は不可能で、症状は個人差が大きい病気です。
めまいの起こる原因の1つ、外リンパ瘻とは
外リンパ瘻は、耳に関する病気であり、内耳から外リンパ液が中耳に漏れてくる症状です。この外リンパ液が漏れることによって、めまいが生じたり、難聴になったり、嘔吐などを生じます。この病気が起こる原因は、急激な耳の気圧の変化によって生じます。
頭部外傷後めまいとその後遺症
頭部外傷後めまいは、頭部にダメージを受けることで生じます。軽度のものの場合は、一時的に平衡感覚がおかしくなったり、難聴になったりします。頭部に受けたダメージにもよりますが、数時間から1か月ほどで治ります。
頸性めまいについての紹介
頸性めまいはデスクワークを長時間したときなどに生じる非回転性のめまいです。肩こりを伴うことが多く、背骨の自律神経の乱れから生じるので、からだをストレッチなどでほぐす事で改善します。それでも改善しない場合は医師に相談するのが良いでしょう。
めまいは椎骨脳底動脈循環不全症の可能性があります。
椎骨脳底動脈は、脳の中枢部などに血液を送っています。これが細くなるなどして起こるのが、椎骨脳底動脈循環不全症です。脳に十分な血液がいかなくなるので、めまいがみられます。一過性ですがくり返します。頭痛など他の症状がなければ、普通は良性です。
突然めまいを感じる前庭神経炎
突然めまいを感じる症状は、内耳と脳の間を結んで脳に平行感覚を伝達する前庭神経に、風邪のウイルスが侵入して炎症を起こすことで生じてる疑いもあります。 このページでは、前庭神経炎の原因、症状、治療法などを詳しく解説しています。
血圧異常があるときにもめまいがある。
血圧異常がある時にめまいが生じることがあります。高血圧や低血圧などの血圧の以上がある場合には、このような減少が起きやすいです。眩暈が生じないように、経ったり座ったりの動作をゆっくり行うように心がけてください。
突発性難聴の症状で出てくるめまい
突発性難聴は、特別な理由なしに突然高度の難聴と耳鳴りが起こり時にはめまい、吐き気などを伴うこともあります。一般的に朝起きて片方の耳の聴力損失を感知する場合が最も多く、肉体的、精神的緊張状態で頻繁に発生します。
めまいの中でも良性発作性頭位めまい症とはどういうものか
良性発作性頭位めまい症とは、耳鳴りが起き、続けて視界が回転して見え一時的に平衡感覚をなくす病気です。原因は身体的疲れやストレスなど多様ですが、早く診察を受けて安定剤や血流を良くする薬を処方してもらい安静にすれば、慢性化や難聴を予防できます。
花粉症が原因となるめまい
花粉症の症状で辛いのはくしゃみや鼻水もさることながら、それにともなって発生するめまいがあります。水っぽい鼻水が出る場合、鼻をかむ回数とくしゃみをする回数が著しく増えるため、それにともなって平衡感覚が狂ってしまいます。
めまいと気圧との関係
私たちの生活で比較的よくおこるめまいですが、めまいの原因として気圧の変化というものが考えられることがあります。たとえば、飛行機に乗っているときやトンネルなどに入ったとき、山に登っているときなどはこのタイプがよくみられます。
めまいは更年期障害の代表的な症状
めまいは更年期障害の症状の一つで、女性ホルモンの減少による自律神経の乱れが原因で起こります。症状がひどくなければ治療の必要はなく、自然におさまるのを待ちますが、ひどい場合は婦人科で診察を受け、投薬治療を行います。
めまいから見る脳血管障害という症状
めまいには様々な原因が考えられていますが、その一つとして脳血管障害があります。これは、時として生命の危機にかかわることもあるため、症状が長く続いている場合には近隣の脳神経外科などを受診することが必要です。
5つの「不」から心のストレスが生じる
ストレスの大きな原因となって、めまいや耳鳴りにつながることがあります。5つの「不」から心のストレスが生じる
耳には2つの重要な役割がある
耳が音を聞くための器官であることは、誰もが知っています。そして、聴覚には人生が生きていくうえで、とても重要な機能のひとつです。会話をしたり、音楽を聴いたり、そのほか危険を察知するために周囲の音を聞き分けるといったことも、すべて耳のおかげです。このように、絶えず音を集め、情報を脳へと伝えることで音を認識し、「聞く」ことができるのです。
いちばん多い良性発作性頭位めまい症
めまいを起こす病気は数多くありますが、もっとも多いのがこの良性発作性頭位めまい症と言われています。
回転性のめまいや耳鳴り、難聴の有無を検査
回転性のめまいや耳鳴りの原因はストレスが大きく関係しています。その原因を心理療法などで取り除くことが大切です。
無理なダイエットが原因となる耳菅開放症
無理なダイエットなどが原因で耳菅開放症を引き起こし、めまいや耳鳴りが起こってしまうこともあります。
めまいや耳鳴りはストレスが大きな原因で心因性の可能性がある
心因性のめまいや耳鳴りが起る原因はストレスによる自律神経の乱れが考えられます。
耳から起こるめまい
耳の大きな役割の一つは、体のバランスをとる平衡機能です。その平衡機能が狂ってしまうとバランスが崩れてしまい。めまいやふらつきが起こってしまいます。それが耳から起こるめまいです。

▲ページ上へ戻る



 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧