血液検査を始めとしためまいの検査の種類

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

血液検査を始めとしためまいの検査の種類

血液検査を始めとしためまいの検査の種類

 

血液検査を始めとしためまいの検査の種類

めまいは危険な病気の前触れでもあります。よってそれが起こった場合は速やかに病院へ行き検査をしてもらった方がいいでしょう。ではその検査とはどういったものがあるのでしょうか。
まず最初はその診断です。めまいといっても、その発症と症状には違いがあります。どのような状態で起こり、症状に見舞われてたのか、これにより今後の治療の効率が変わるので、通院する方は、しっかり覚えておくとよいでしょう。

 

そして診断により検査が変わります。検査の種類は主に5つです。

  • 1つ目は平衡機能検査

    めまいが起こると立っていられない、まともに歩くことができない、といったことにもありますが、この検査はそういった体のバランスが保たれているかを調べるものです。検査としては体のバランスから目の動きを診断します。

  •  

  • 2つ目は聴覚検査

    めまいは時に難聴が原因ともなっているので、そういった耳の状態を検査するものです。こちらは耳にレシーバーをつけて診断します。

  •  

  • 3つ目は画像検査

    簡単にいえば体の部位のレントゲンを取って検査します。めまいは前触れなので、体に異常が出ていることが多く、これによってその原因を突き止めるわけです。

  •  

  • 4つ目は血液検査

    めまいによって起こる症状には脳に関わる病気もあり、それらは血の流れが原因で発症するものなので、そういう意味では最も重要な検査です。血を採取することにより貧血の確認、動脈硬化の検査、血糖を調べて糖尿病の判断、ウィルス性疾患の疑いかどうかの検査といったことがあります。ただしこれ以外にも必要に応じて行われる場合があります。

5つ目は心理検査、めまいにはストレスにより発症するものもあります。
よって心身の状態と精神的な症状を検査します。

 

検査が終わると、その結果により治療の仕方が決まります。
ここで重要なのはしっかりとその傾向を聞くことです。

  • 原因はなんなのか
  • どのように進行するのか

そうしないとその治療進行中にやってはいけないことをやってしまって容態を悪化させる場合があります。自分の体のことなので、その計画はしっかりと耳を傾けておきましょう。





血液検査を始めとしためまいの検査の種類関連ページ

めまいが起きたときには安静にする対処法を
めまいを感じたら、対処法としては何よりも安静にすることです。その際、締め付けない楽な服装で、吐いてしまっても吐瀉物が詰まらない様に横向きに寝ます。目を休ませるために、動くものを注視しないようにします。光も悪影響なので、目は閉じておきます。
良性発作性頭位めまい症の改善にエプリー法
良性発作性頭位めまい症は、耳が原因で起こるめまいの代表的なもので、内耳の三半規管の中に結石が生じ、平衡感覚に異常が起きるのが原因です。治療法にはエプリー法があり、これは体を決められた方法で傾けることで、原因である結石を排出させるものです。
東洋医学でめまいは、6つのパターンに区分する
東洋医学では耳に起こる症状は水毒の可能性があるといわれ、人間の体の中の水のバランスが崩れて内耳炎や中耳炎などの症状が起こるといわれています。体内の水分バランスの乱れで耳の問題の他にめまいや吐き気などの症状も出る事もあります。
めまい、頭痛などに 漢方薬の効能について
めまいは原因不明の体調不良のため改善には漢方薬が有効的です。この薬は弱ってしまった体の機能を回復することで本来の力を取り戻すのに有効です。無理にではなく、自然と体調を改善させられるところがこの薬の良いところです。
めまいの検査にかかる費用とは
めまいの症状が続く方の検査費用はどのくらいでしょうか。病院・方法にもよりますが、簡単なものでしたら千円もかかりません。しっかりとしたものは一万円程度かかりますが、めまいは怖い病気です。するのならしっかり診ていただいた方が安全です。
血圧上昇により起こるめまいの意味
血圧が正常値よりも高くなる場合には、血圧上昇による動脈硬化を起こしやすくなります。従って、脳内の動脈を流れる血管の間に血栓ができやすくなって、脳梗塞の前兆となる時のめまいが起こりやすくなるのが特徴です。
薬の副作用によって起こるめまい
副作用によるめまいや軟調は、過剰摂取、併用によるもの、薬そのものが原因である場合が考えられます。医師に相談して用量の変更や使用の中止、変更をする必要があります。自分の判断で使用を止めるのは危険ですので、必ず医師の相談しましょう。
同時にめまい以外の症状があるかをチェックする
めまいは不快な症状です。めまいが起きた時はリラックスをして安静にすることです。それでも治まらない時は、救急車の手配をしてもらってください。重要な事は脳に障害があるかをチェックすることです。呼びかけても反応が無い時は、脳に障害が疑われます。
嘔吐や強い頭痛を伴うめまいは注意が必要
めまいを起こした際には、とにかく安静にすることが第一です。嘔吐を伴う場合、これまでに経験したことがない程の強い頭痛を感じる場合には、脳に何らかの異常が起きている可能性があるため、至急病院へ行くことが重要です。
めまいと手のしびれは脳梗塞のサインかもしれない
めまいと手のしびれは、脳梗塞の予兆の可能性が高いです。血管が詰まり脳に血液が行かず、時間が経つと血栓が大きくなり血管を塞いでいきます。後遺症が残る前に、すぐ病院へ行く方がよいです。早期治療なら症状が軽いままで、簡単に済む場合があります。
ハント症候群でもめまいが起こる
ハント症候群でもめまい症状がおこることがあります。帯状疱疹と同時に症状が出る場合はハント症候群の疑いがあります。
めまいや耳鳴りが症状として現れる心の病気
めまいや耳鳴りの原因が耳鼻咽喉科などで調べてもわからない場合は、うつ病やパニック障害などの心の病気が原因の可能性があります。その時は心療内科や精神科を受診するようにしましょう。
子どもの立ちくらみ、めまいは起立性調節障害が多い
子どものめまいの原因として多いとされている起立性調節障害。その特徴やメカニズムを説明します。
入浴はめまいや耳鳴りの予防に
入浴はめまいや耳鳴りの予防に最適です。しかし、温度が高すぎると逆効果になりますので、入浴の際の温度調整は気を付けましょう。
脳から生じるめまい
脳が原因で引き起こされるめまいは、耳からくるめまいとくらべると、そんなに多くはありません。

▲ページ上へ戻る



 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧