めまいの再発予防と改善方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

めまい・ふらつきの意識調査

意識調査@:めまいがある人に質問です。めまいが起こるのはどんな時ですか?

100人めまい・ふらつきの意識調査、めまいがある人に質問です。めまいが起こるのはどんな時ですか?

 

 

 

 

意識調査A:あなたの“めまい”はどういう症状ですか?

100人めまい・ふらつきの意識調査、あなたの“めまい”はどういう症状ですか?

 

 

 

 

意識調査B:自身のめまいの原因だと思っていることは?

100人めまい・ふらつきの意識調査、自身のめまいの原因だと思っていることは?

 

 

 

 

意識調査C:どのぐらいの頻度で「立っていられないめまい」が起こりますか?

100人めまい・ふらつきの意識調査、どのぐらいの頻度で「立っていられないめまい」が起こりますか?

 

 

 

 

意識調査D:あなたのめまい原因はどちらですか?

100人めまい・ふらつきの意識調査、識調査D:あなたのめまい原因はどちらですか?

 

 

 

 

意識調査E:どれぐらい前からめまいで悩んでいますか?

100人めまい・ふらつきの意識調査、識調査D:あなたのめまい原因はどちらですか?

いつからめまいに悩まされるようになったのか…?
と、初めてめまいを経験した時の記憶が残っている人はそう多くないと思います。
めまいを発症する際の原因も人によってまちまちで、明確な対策を取りづらいのが特徴と言えます。

 

発症時期に個人差が多く出るめまいですが、初めて発症した時期を明確にできれば
原因特定の足がかりにできます。そうした理由から、今回はめまい・ふらつきに悩む男女に
以下のようなアンケートを行い、「めまいに悩み始めた時期」について回答していただきました。

 


対象人数:100人(めまい持ちの方限定)
アンケート項目:どれぐらい前からめまいで悩んでいますか?
●数年前から
●数カ月前から
●ここ最近
●数週間前から
●数日前から

 

みんなのめまいは「回転性」「浮動性」どっち?

 

  • 【第一位】数年前から(72%)
  • 【第二位】数ヶ月前から(12%)
  • 【第三位】ここ最近(6%)

 

多くの人が「数年前から」めまいの症状を発しており、意見の72%を占めました。
第二位は12%の「数ヶ月前から」めまいを感じるようになったという意見です。
第三位は「ここ最近」めまいになった、と6%の人が回答しました。

 

生活のストレスにより長期化する「数年間にわたるめまい」

3年ほど前から、仕事や身の回りのことで忙しかったりストレスがたまると頻繁に症状が出るようになった(女性/30代/広島県)
4〜5年前くらいから、仕事中に突然平衡感覚がなくなり倒れそうになる。(男性/30代/広島県)
生活の変化や仕事に伴うストレスによって体調を崩し、それ以降めまいに悩まされるようになったという意見が多く聞かれ、ストレスはめまいの大きな原因の一つとして考えられるようです。

 

特定の条件下で起こり始めためまい

ストレスやあまり眠れない日が続いてから、頻繁にめまいの症状が出る様になった。(男性/20代/新潟県)
疲れた時や生理の時に目眩が出るようになりました。(女性/40代/兵庫県)
仕事などによる極度の疲労や心身にかかる負担で身体の変調をきたし、めまいを感じるようになったそうです。

 

「ここ最近」と回答された人も、多くはストレスや寝不足などの不規則な生活によりめまいを感じるそうで、生活習慣の改善が最も効果的な対策といえるでしょう。

 

 

アンケートの回答一部(浮動性めまい)

40歳女性
初めにフワッとした感じが来たなと思ったら、次にキツメのクラッとした感じがきて、その次に足がフワフワしてくる感じのめまいです。

20歳女性
ふわふわした感じがして、立っていられなくなる。

36歳男性
ちらとも言い難いですが、吐き気がないので浮動性ではないかと思います。

 

アンケートの回答一部(回転性めまい)

38歳女性
回転性、という言葉は初めて聞きましたが、症状的にはこちらなので、これを選びました。

36歳女性
朝、目が覚めて天井を見たらぐるぐる回って気持ち悪くなった。

65歳男性
急にグルグル回ったような感じになることがあるから。

 

※データの引用・転載時の表記について
本調査結果の引用・転載の際は、必ず「めまいふらつき.com」という記載、
ならびに、当サイトへのリンクを明記していただきますようお願い致します。
リンク URL:http://めまいふらつき.com/

続きを読む≫ 2015/11/24 15:54:24

めまいの原因は2種類!

めまいの原因は2種類!

「立ちくらみや吐き気を伴う」、「症状が治まるまでに数分から数時間かかる」など、人に応じてその症状も様々なことで知られる「めまい」ですが、めまいの症状は医学的に2通りに分けられています。

 

一つ目は「回転性めまい」

これは、「視界が大きく回るといった目を回した状態」に近いもので、
平衡感覚が異常を起こしたものだといわれます。
突発的な吐き気やめまいを繰り返し、病的なものだとメニエール病が代表とされます。

二つ目は「浮動性めまい」

こちらは、「身体がふわふわと浮いた」または「ゆらゆらと揺れる」感じを伴っためまいで、
乗り物酔いのような感覚になります。ひどいものだと脳や脳血管などの異常が起因となっている可能性もあり、医療機関の受診など注意が必要となります。

 

多くの場合、そこまで重度のものは少なく、日常的な症状ですむことがほとんどです。
今回のアンケートでは回転性・浮動性の傾向を知るため、男性・女性に「めまいが生じた時どちらの症状か」を伺いました。

 


対象人数:100人(めまい持ちの方限定)
アンケート項目:みんなのめまいは「回転性」「浮動性」どっち?
●回転性のめまい
●浮動性のめまい

 

みんなのめまいは「回転性」「浮動性」どっち?

 

  • 【回転性】70%
  • 【浮動性】30%

 

回転性のめまいを訴える人が多く、70%がこちらと回答されました。
浮動性は少ないものの30%にのぼり、その症状の人それぞれ軽重あるようです。

 

視界がぐるぐる回り立っていられない―「回転性めまい」

「頭がぐるぐるして気分が悪くなる」、「吐き気とめまいを交互に感じる」、「立っていられなくなって、その場にしゃがみこんでしまう」など、突然襲ってきためまいに対処できず、その場でじっとして耐えるしかないというのが現状のようです。

原因としては…
  • 睡眠や食生活など生活習慣の乱れや
  • ストレスによるイライラや体調不良
  • 急な動作による貧血

などが挙げられます。
即効性のある対処法はなく、とにかく座る・横になるなど
「安静にして過ごすのがベター」という意見が共通して聞かれました。

 

乗り物酔い感覚が続く―「浮動性めまい」

乗り物酔い感覚が続く―「浮動性めまい」

ぐるぐる目が回る感覚とは異なり、こちらの場合は乗り物に乗っているようなゆらゆらした安定しない感覚にとらわれます。

  • 「常によく揺れる船に乗っているような感じで足元がふらふらする」
  • 「症状が強くなると立っていられない、何かに掴まっていたくなる」

など、最初はちょっとしたふらつき程度の症状がじょじょに強くなっていき、
最終的には吐き気を感じて歩くのも困難になるという意見が多く聞かれました。対処法としてはこちらも回転性と同様、「安静にしているしかない」そうです。

 

 

アンケートの回答一部(浮動性めまい)

40歳女性
初めにフワッとした感じが来たなと思ったら、次にキツメのクラッとした感じがきて、その次に足がフワフワしてくる感じのめまいです。

20歳女性
ふわふわした感じがして、立っていられなくなる。

36歳男性
ちらとも言い難いですが、吐き気がないので浮動性ではないかと思います。

 

アンケートの回答一部(回転性めまい)

38歳女性
回転性、という言葉は初めて聞きましたが、症状的にはこちらなので、これを選びました。

36歳女性
朝、目が覚めて天井を見たらぐるぐる回って気持ち悪くなった。

65歳男性
急にグルグル回ったような感じになることがあるから。

 

※データの引用・転載時の表記について
本調査結果の引用・転載の際は、必ず「めまいふらつき.com」という記載、
ならびに、当サイトへのリンクを明記していただきますようお願い致します。
リンク URL:http://めまいふらつき.com/

続きを読む≫ 2015/11/24 09:55:24

気になるアンケート結果は・・・

ストレスの多い現代社会

不規則な生活や、ストレス・疲労などにより起きることの多いめまい。
中には体質ゆえに長くその症状に悩まされている方もおり、頻度や時間を考えると看過できず、病院での受診が推奨されるケースもあるほどです。
ストレスの多い現代社会だと男性、女性関係なく共通の悩みとして挙げることができ、人によりその頻度も異なるとされています。
今回は慢性的なめまいに悩まされている男性、女性にめまいの頻度に関して以下のようなアンケートをしました。

 


対象人数:100人(めまい持ちの方限定)
アンケート項目:どのぐらいの頻度で「立っていられないめまい」が起こりますか?
●年に数回程度
●1ヶ月に1回程
●そこまでのめまいはない
●1〜2週間に1回程度
●数日に1回程度
●頻繁に起こる

 

あなたの“めまい”はどういう症状ですか?

 

  • 第1位 年に数回程度
  • 第2位 1か月に1回程度
  • 第3位 そこまでのめまいはない

 

という結果がでました。

 

「立っている時めまいでふらつく」、「食生活の乱れで立ちくらみする」、ほかには「仕事による生活習慣の乱れによる」などが原因で、年に数回めまいに見舞われる方が36%を占めました。

 

同じく生活習慣や女性の場合は生理などの影響で月に1回はめまいに悩まされると回答された方は23%にのぼり、めまいを感じることはあるものの年に何度もというわけではなく、軽い立ちくらみや貧血によるめまいを感じたという方は19%に収まりました。

 

ストレスや疲労による体のサイン?年に数回のめまい

「仕事で忙しくて睡眠不足」、「食事がおろそかになっている」など、年に数回のめまいに見舞われる方のほとんどが生活習慣の乱れによって引き起こされているようです。
また、「体質上貧血になりやすい」、「季節の変わり目」などが原因という回答もありました。

 

アンケートの回答一部

40歳男性
立っている時にめまいでふらつくことはよくあるが、数か月に1度くらい、症状がひどくてしゃがみ込んでしまうことがある。また、朝、目が覚めてすぐに、めまいで起き上がれない事がある。

50歳女性
買い物をしているときにしゃがんでから急に立ち上がった時、しばらくめまいがしてすぐにまたしゃがむというようなことがごくたまにおこる。

 

月1回は悩まされる―定期的に見舞われるめまい

「運動をしないため慢性的な体力不足」、「乱れた食生活」、「ストレスや寝不足」などが影響し、必ずといっていいほど月に1回はめまいに見舞われる意見も多く、女性特有の生理が引き金になるケースもあるとの回答でした。
仕事中や趣味を楽しんでいる最中など、時と場合を選ばずに見舞われることから頭を悩ませているそうです。

 

アンケートの回答一部

48歳女性
立ちくらみのようなめまいがして少しの時間じっとしていると治ることが多く、だいたい月に一回くらいだと思う。

38歳男性
極度のストレスにさらされた時に、仕事時の疲労と重なって起こるものと捉えているから。

 

 

数年に一度という方も―ふとした時に襲うめまい

数年に一度という方も―ふとした時に襲うめまい

年に数回、または数年に一度という低頻度の方の場合、立ちくらみを起こしたり、その場から動けなくなるほど重い症状はなく、少しじっとしているだけで回復するケースが多いようです。

 

その他にも「1〜2週間に1回程度」、「数日に1回程度」、「頻繁に起こっており具体的にわからない」など「めまいが習慣になっている」という回答も多くありました。

 

アンケートの回答一部

34歳女性
高血圧で治療を受けているので、気温の違う部屋に来たりすると血圧が変化するからです。

39歳男性
気温や水分不足ではないかと疑いましたが、十分に水分をとっていても週に1度程度ふらつきを感じるから。

 

 

※データの引用・転載時の表記について
本調査結果の引用・転載の際は、必ず「めまいふらつき.com」という記載、
ならびに、当サイトへのリンクを明記していただきますようお願い致します。
リンク URL:http://めまいふらつき.com/

続きを読む≫ 2015/09/24 11:38:24

気になるアンケート結果は・・・

ふとした時に訪れる嫌なめまい。
ただの立ちくらみで済まずに、時には頭痛や吐き気などを伴い人を苦しめます。
男性、女性にかかわらず、このめまいに頭を悩ませている方は多く、その原因もまちまちです。
どのような時に、どういった原因でめまいが起こると感じているのかを具体的に知るため、
アンケートにご協力いただきました。結果は以下の通りです。

 


対象人数:100人(めまい持ちの方限定)
アンケート項目:
●貧血・血の巡り
●自律神経の乱れ
●ハードワーク・疲労の蓄積
●不眠症から
●食生活の偏り
●不規則な生活
●薬の副作用
●その他

 

自身のめまいの原因だと思っていることは?

 

  • 第1位 貧血など、血の巡りが悪い
  • 第2位 自立神経に乱れがある
  • 第3位 仕事がハードワークで、疲労が溜まりやすい

 

という結果がでました。

 

特に女性に多かったのが一位の「貧血など、血の巡りが悪い」です。
次いで心身のストレスによる自律神経の乱れ、仕事による慢性的な疲労と続きました。
さらに睡眠時間の不足や不眠症などによる疲れの持ち越しや食生活の乱れなど生活習慣に起因する理由が多く聞かれました。

 

鉄分不足や低血圧・血行不良による貧血

鉄分不足や低血圧・血行不良

生理や低血圧により女性はもともと貧血を起こしやすく、今回のアンケートでも多くを占めたのがこの意見でした。医療機関でも貧血と診断され、鉄分の摂取を続けるなど、長らくこの症状に悩まされている人もいます。
この場合、不意に体を動かすとめまいに見舞われることが多く、併せて肩こりや慢性の冷え性を抱える人もおり、継続的に体質改善や生活習慣の見直しが必要となるようです。

 

アンケートの回答一部

26歳女性
生理前後にめまいを感じやすい。鉄分を意識的に取ろうとしているがあまり変わらずめまいがする。

30歳女性
貧血とまではいかないが、子宮に疾患があるため血の巡りが悪くなっている可能性はあると思う。

 

ストレスや自律神経の乱れによる不調

仕事による心身のストレスや睡眠不足、乱れた食生活など不規則な生活を続けていると、
じょじょに自律神経のバランスが崩れていきます。
その結果、めまいなど体の不調が様々な形となって表れることになります。
このような時は医療機関で受診するか、十分な休息が必要となりますが
忙しさからそれもできずめまいの症状等に耐え続けている方も多いようです。

 

アンケートの回答一部

29歳女性
様々な要因が絡み合ってると思いますが、ホルモンバランスの乱れや、めまい、耳鳴り、心拍の速さなど自律神経が原因と思われる症状がいろいろでているため。

37歳女性
最初の発症が東日本震災の直後だったので、ストレスによる自律神経の乱れだと考えています。体に揺れを感じた後に発症するようです。

 

 

ハードワークによる慢性的な疲労

ハードワークによる慢性的な疲労

日々の激務に加え、残業や繁忙期になると食事や睡眠にまで気が回らずどうしても不規則にならざるを得ないことが多いようです。

 

体調が悪くても休むことができず体に負担を強いなければならないこともあるため、そうした時にめまいや吐き気を起こすことがあるようです。

 

アンケートの回答一部

34歳女性
残業が多い時などに、めまいの症状が出やすい事があり、体が疲れていることが原因だと思います。

23歳女性
無理したときによく起こるので、疲れかなと思っています。睡眠不足も原因かなと思っています。

 

今回のアンケートでは、貧血を含む生活習慣の乱れがめまいといった不調につながると考える方が多いことがわかったものの、仕事の都合などから習慣の改善にまで手が回らないといった印象を強く受けました。体は資本と言います。めまいをそのまま放置せず可能な限り体のケアに努め、めまい知らずの生活が送れるようにしたいものです。

 

 

 

※データの引用・転載時の表記について
本調査結果の引用・転載の際は、必ず「めまいふらつき.com」という記載、
ならびに、当サイトへのリンクを明記していただきますようお願い致します。
リンク URL:http://めまいふらつき.com/

続きを読む≫ 2015/08/07 13:37:07

気になるアンケート結果は・・・

めまいは普段の生活でも多くの人が経験しています。
しかし、ひと口にめまいといっても、人によってその症状も、めまいの程度もさまざまです。
また、めまいを起こすきっかけも、いろいろあることがわかってきました。
軽いめまいなら問題ないのですが、中には日常生活や仕事に支障が出るほど深刻なケースもあるようです。めまいはどんなときに起きるのでしょうか。また、
その症状にはどんなものがあるのでしょうか。100人にアンケートを実施してみました。

 


対象人数:100人(めまい持ちの方限定)
アンケート項目:
●立ち上がった時にクラッとして、ふらつく
●周囲がグルグル回っている
●体がフワフワしてふらつく、真っすぐ歩けない
●目の前が真っ暗になる
●自分自身がグルグル回っている
●その他

 

あなたの“めまい”はどういう症状ですか?のアンケート結果

 

  • 第1位 立ち上がった時にクラッとして、ふらつく
  • 第2位 囲がグルグル回っている
  • 第3位 体がフワフワしてふらつく、真っ直ぐ歩けない

 

という結果がでました。

 

めまいで最も多いのは立ちくらみですが、アンケート結果にもそのことがはっきりと表れています。
立ちくらみは、急に立ち上がったために瞬間的に脳に送られる血流が減少して起きる現象です。

 

 

■立ち上がった時にクラッとして、ふらつく

若い女性に多く見られるめまいですが、高齢者にもこの症状を訴える人がいるようです。
風呂で長湯したときにもなることがありますが、ひどくなると失神することもあるので、特に湯船の中では危険な場合があります。

 

アンケートでも、急に立ち上がったときや湯船の中でめまいを起こしたという回答が多数見られました。また、貧血症の持病があったり、パソコンをやりすぎたり睡眠不足が原因と答えた人もいました。症状としては、急に目の前が真っ暗になる(あるいは真っ白になる)といった回答が目立ちました。

 

立ちくらみには、医者にかかる必要があるケースと放置しても問題ないケースがあります。

 

・要注意のケース

  • 不整脈がある人の立ちくらみ
  • 立っていても寝ていても立ちくらみする
  • 自律神経障害のある人の立ちくらみ
  • 一時的に片目が見えなくなる場合(一過性脳虚血発作の可能性がある)

 

こういったケースでは、病院で診てもらうことをおすすめします。

 

・問題のないケース

  • 立ちくらみを起こしたけど立っていられた
  • 2〜3分で回復した

 

このようなケースは血管迷走神経反射による立ちくらみなので心配いりません。

 

■周囲がグルグル回っている

アンケート結果では、睡眠不足やストレスが原因でこういった症状になることが多いようです。
中には眼球が勝手にグルグル回るケースもあるようで、ひどくなると日常生活にも支障をきたします。「まっすぐ立っているつもりでも周りが回っているので、何かに掴まろうとしても掴めない」という回答もありましたが、掴めなかった場合は転倒する危険もあるので、かなり注意が必要です。

 

■体がフワフワしてふらつく、真っ直ぐ歩けない

「常に船に乗っているような気分で足元がおぼつかない」
「地震かと思ったら自分だけ揺れていてショックだった」
といった回答が目立ちました。
また、「自分の体がふわふわ揺れているのを見て、周囲の人が驚いて支えてくれた」という、かなり心配な回答も寄せられました。

 

めまいは、単なる一時的なふらつきである場合が多いのですが、中には重篤な病気の前兆として現れることもあるので、そういったサインを見逃すと危険です。

 

 

※データの引用・転載時の表記について
本調査結果の引用・転載の際は、必ず「めまいふらつき.com」という記載、
ならびに、当サイトへのリンクを明記していただきますようお願い致します。
リンク URL:http://めまいふらつき.com/

続きを読む≫ 2015/07/04 12:25:04

気になるアンケート結果は・・・

めまいはどんなときに起こるのでしょうか。
人間の体には姿勢のバランスを保つ機能がありますが、これが異常をきたすとめまいが起こります。
その機能をつかさどる重要なポイントのひとつが耳なのですが、その他にも脳や神経に異常がある場合や、ストレスが原因となってめまいが起こることもあります。

 

めまいがひどくなると、仕事や日常生活にも支障をきたします。実際に、どのような場面でめまいに悩まされているのかアンケートを行いました。

 


対象人数:100人(めまい持ちの方限定)
アンケート項目:
●朝起き上がる時
●ストレスを感じた時
●長時間PCを利用した時
●頭痛がヒドイ時
●仕事中
●雨の日
●お酒をたくさん飲んだ時
●その他

 

 

  • 第1位 朝起き上がる時
  • 第2位 ストレスを感じている時
  • 第3位 長時間PCを利用した時

 

という結果がでました。

めまいというのは、原因や関係する病気が様々で、原因を特定するのが難しいとされています。
症状や感じ方も人それぞれで、浮いているような感じであったり、ぐるぐる回っている感じであったり、引きずりこまれるような感じであったり…。
その都度、違う感覚が訪れるという方もいらっしゃいます。

 

一般には、体の平衡感覚を感じる三半規管・耳石器・前庭神経・脳幹・視床・大脳皮質のいずれかに障害が生じて起こるといわれています。
しかし、一番多かった「朝起き上がる時」に起こるめまいには、起立性低血圧症、自律神経の切り替えによる副作用なども原因に考えられるので、一概に平衡器官の障害があるとも言い切れません。

 

アンケートにご回答いただいた皆さんも感じ方はそれぞれでした。

 

アンケート結果1位の「朝起き上がる時」

めまいに悩まされている方の多くは「朝起き上がる時」に症状を感じていることがわかりました。
実際にお声をいくつか紹介したいと思います。

  • 寝起きは頭が回転しておらずボーっとしているので、姿勢を無理にした体勢だとめまいが起こりやすい。(43歳・男性)
  •  

  • 朝起き上がってすぐに動くと、軽い回転性のめまいが起こったりします。ゆっくり起き上がると大丈夫なのですが。(33歳・女性)
  •  

  • 朝はゆっくり起きてもフラッとしています。頭が重かったりするのでめまいがしやすいです。(46歳・女性)
  •  

起きて直ぐに体を動かそうとするとめまいを感じる方が多いようです。

 

 

アンケート結果2位の「ストレスを感じた時」

以外にも多かった「ストレスを感じた時」。詳しいお声を紹介します。

  • ストレスが多いと急激に体がだるくなり、その後めまいがおこることが多いです。(44歳・女性)
  •  

  • ストレスで頭痛になることはよくあるのですが、強いストレスを感じる時は頭痛を通りこしてめまいが起こります。(32歳・女性)
  •  

  • 学校からのいじめは、ストレスを起こすことになり、めまいになり、とてもつらいからです。(19歳・女性)
  •  

  • 一日の中でも疲れたな〜と感じるときによく回転性のめまいを起こすので。(40歳・女性)

 

回答のお声からも分かるように、ストレスでめまいが起るのは女性の方が多いようです。

 

 

アンケート結果「その他」のお声を紹介します。

 

  • 急に立ち上がる時に感じる特があります。いわゆる立ちくらみという類のものでしょうが。(55歳・男性)
  •  

  • 残業続きの仕事中、夕方近くに疲れてくるとひどいめまいがします。(34歳・男性)
  •  

  • 荷物を拾う時など、頭を下げていた体勢から、元の姿勢に戻る時はほぼ100%めまいがします。(39歳・女性)
  •  

  • 長風呂のときに例外なくめまいがする。風呂からあがるときは、いつも要注意している。(33歳・女性)

 

など、ご自身で感じている原因も違うようです。

 

自律神経の乱れからめまいを引き起こす原因

ここで出てきたストレスというのは、アンケートの2位にもあがりました。
ストレスというのは自律神経の乱れからめまいを引き起こす原因になっています。また、ストレスを生じる環境も重視が必要です。

 

3位のPCを利用したときに起こるめまいは、長時間の姿勢の悪さが原因のひとつと言われています。体と脳のバランスが崩れてめまいが起こるようです。
このバランスの悪さも一つのストレスです。

 

ストレス社会といわれる現代には、様々な理由でめまいを起こす方が多いようです。
しかし、それは何かの病気や体がストレスを感じているというサインになっている場合があるので、「軽いから大丈夫」などと高を括らず一度しっかり診察を受けましょう。

 

※データの引用・転載時の表記について
本調査結果の引用・転載の際は、必ず「めまいふらつき.com」という記載、
ならびに、当サイトへのリンクを明記していただきますようお願い致します。
リンク URL:http://めまいふらつき.com/

続きを読む≫ 2015/05/07 09:54:07

 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧