ぐるぐると回るめまい・・回転性めまいの特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

ぐるぐると回るめまい・・回転性めまいの特徴

ぐるぐると回るめまい・・回転性めまいの特徴

 

回転性めまいの感じ方として、

  • 自分がぐるぐる回っている
  • 景色が回っている 
  • ふわふわする

などさまざまあります。
それに伴い吐き気をもよおし、直立や歩行が困難になることが 共通点としてあげられます。

 

回転性めまいには、おもに末梢性と中枢性のものとにわかれ、中枢性のものは脳血管障害や、脳腫瘍等が原因です。中枢性のめまいの特徴としては、物が二重にみえる、顔や手足がしびれる、手がふるえるなどがあります。

 

末梢性のものとして 代表的には4つの症状が考えられます。

 

1つめは頭を動かしたときにおこる良性発作性頭位めまい症です。
これは耳石が関係していて、発作が起こる時間も、1分位以内と短いです。
ただ、頭の位置を変えると、また起こることがあります。特徴としては、難聴や耳鳴りを伴うことが一般的にない点です。頭を動かしているうちに、症状が和らぐこともあります。

 

2つめは風邪にかかった1週間辺りに症状が出る、前庭神経炎です。これは、風邪などの上気道感染に引き続いて起こることが多いです。大きなめまいは一度のことが多く、1〜3日で症状はおさまりますが、ふらつき感はのこることがあります。前庭神経炎も、難聴や耳鳴りを伴うことはありません。

 

3つめはメニエール病です。ストレスにより発症することがおおく、内耳が水膨れのような状態になることで起こります。めまいは20分から数時間、または1日中続くこともあります。
難聴、耳鳴り、耳閉感を伴いますが、それらの症状が発作の前兆となることも特徴のひとつです。また、低音域の音が、聞こえにくくなります

 

4つめは突発性難聴です。ある日突然、何の前触れもなく起こることが特徴で、ストレスが原因とも言われています。メニエール病は繰り返しますが、突発性難聴は最初にめまいがあらわれるだけで、繰り返すことは少ないです。
難聴は片耳におこることが多く、次第に音に対しての反応が鈍くなり、聞こえなくなることもあります。治療の開始が早いほど、回復する可能性が大きくなります。

 

▲ページ上へ戻る


ぐるぐると回るめまい・・回転性めまいの特徴記事一覧

回転性めまいの原因について

回転性めまいの原因についてめまいというと、頭痛、だるさなどと同じ、不定愁訴といわれる原因不明の体調不良の代表格です。従って、原因がわからずに長年苦しんでいる人も多いのですが、実はめまいの原因は思わぬ重病であったということも少なくありません。回転性めまい…回転性めまいと言われる、突然ぐるぐる目が回る、...

≫続きを読む

 

グルグルと回る回転性めまいの対策と治療方法

グルグルと回る回転性めまいの対策と治療方法回転性めまいには、いくつかのタイプがあります。おもなものは、耳鳴り、難聴、耳閉感を伴わない前庭神経炎、逆にそれらが伴うメニエール病、頭を動かした時に起こる良性発作性頭位めまい、突発性難聴です。回転性めまいは…精神的や身体的にストレスのある時に発症しやすく、そ...

≫続きを読む

 

ストレスが自律神経の調子を乱す

自律神経とは…身体が生命を維持していくために備わっている神経で、交感神経と副交感神経からなる。2つのストレスは脳の興奮を招く中枢性自律神経ネットワークとは、主に脳の大脳辺縁系を中心とした部分で、怒りや不満などの不快なストレスに反応し、交感神経をすぐに興奮させます。すると視床下部も興奮して自律神経のバ...

≫続きを読む

 

若い女性に増えているめメニエール病

働き盛りといわれるストレス世代に多いメニエール病は、発症にストレスが影響していると考えられていることから、働き盛りである30〜50歳代の世代に多い傾向があります。メニエール病の特徴グルグルまわる回転性のめまいを繰り返し起こす。難聴、耳鳴りを伴う手足のしびれなどの神経症状はない発作の頻度は個人差がある...

≫続きを読む

 

 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧