ぐるぐると回るめまい・・回転性めまいの特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

ぐるぐると回るめまい・・回転性めまいの特徴

ぐるぐると回るめまい・・回転性めまいの特徴

 

回転性めまいの感じ方として、

  • 自分がぐるぐる回っている
  • 景色が回っている 
  • ふわふわする

などさまざまあります。
それに伴い吐き気をもよおし、直立や歩行が困難になることが 共通点としてあげられます。

 

回転性めまいには、おもに末梢性と中枢性のものとにわかれ、中枢性のものは脳血管障害や、脳腫瘍等が原因です。中枢性のめまいの特徴としては、物が二重にみえる、顔や手足がしびれる、手がふるえるなどがあります。

 

末梢性のものとして 代表的には4つの症状が考えられます。

 

1つめは頭を動かしたときにおこる良性発作性頭位めまい症です。
これは耳石が関係していて、発作が起こる時間も、1分位以内と短いです。
ただ、頭の位置を変えると、また起こることがあります。特徴としては、難聴や耳鳴りを伴うことが一般的にない点です。頭を動かしているうちに、症状が和らぐこともあります。

 

2つめは風邪にかかった1週間辺りに症状が出る、前庭神経炎です。これは、風邪などの上気道感染に引き続いて起こることが多いです。大きなめまいは一度のことが多く、1〜3日で症状はおさまりますが、ふらつき感はのこることがあります。前庭神経炎も、難聴や耳鳴りを伴うことはありません。

 

3つめはメニエール病です。ストレスにより発症することがおおく、内耳が水膨れのような状態になることで起こります。めまいは20分から数時間、または1日中続くこともあります。
難聴、耳鳴り、耳閉感を伴いますが、それらの症状が発作の前兆となることも特徴のひとつです。また、低音域の音が、聞こえにくくなります

 

4つめは突発性難聴です。ある日突然、何の前触れもなく起こることが特徴で、ストレスが原因とも言われています。メニエール病は繰り返しますが、突発性難聴は最初にめまいがあらわれるだけで、繰り返すことは少ないです。
難聴は片耳におこることが多く、次第に音に対しての反応が鈍くなり、聞こえなくなることもあります。治療の開始が早いほど、回復する可能性が大きくなります。

 

働き盛りといわれるストレス世代に多い

メニエール病は、発症にストレスが影響していると考えられていることから、
働き盛りである30〜50歳代の世代に多い傾向があります。

 

メニエール病の特徴
  • グルグルまわる回転性のめまいを繰り返し起こす。
  • 難聴、耳鳴りを伴う
  • 手足のしびれなどの神経症状はない
  • 発作の頻度は個人差がある

最近では高齢者から若年層にまで幅広く患者層が広がっていて、
特に若い女性の患者さんが増えているといわれています。

 

回転性の激しいめまい発作が起こる

メニエール病はめまいを引き起こす病気の代表と思われがちですが、めまい症状がある人の1割ほどしかメニエール病と診断されていません。よって患者さんの数だけで表すとあまり多くありません。

 

めまい=メニエール病と思いついてしまうのは、おそらくその症状がとても激しいためでしょう。メニエール病の最初の発作は、前ぶれもなく突然起こります。症状としてはグルグルまわる回転性の激しいめまいが数分から数時間続きます。

 

同時に吐き気や嘔吐、冷や汗などの症状も伴います。その他にも強い耳鳴りや難聴、耳が詰まった感じも起こることがあります。これらの症状は、片耳だけのことが多いのですが、まれに両耳に起こる人もいます。

 

メニエール病の原因は内リンパ液の異常と考えられている。

 

メニエール病の原因は内リンパ液の異常と考えられている

 

メニエール病の原因は、内耳の蝸牛内部が増えすぎたリンパ液によって水ぶくれ状態になり、
神経が刺激されるためと考えられています。

 

めまいや耳鳴りなどの症状

蝸牛の内部には前庭階、蝸牛菅、鼓室階と3つの部屋に分かれていて、それぞれの内部はリンパ液で満たされています。その中の、蝸牛菅の内リンパ液が急激に増えすぎて、仕切りの役目をしているライスネル膜が圧迫されて破れてしまうと、耳内の感覚細胞が刺激されてしまい、それが脳に伝わるとめまいや耳鳴りなどの症状として現われるといわれています。

 

詳細な原因は不明

内リンパ液が急激に増える原因については明らかになっていませんが、過剰なストレスが影響していると考えられています。実際に、几帳面・神経質・完璧主義などの性格を持った、ストレスをため込みやすいタイプの患者さんが多く、ストレスとメニエール病は深く関わっていることがわかります。

続きを読む≫ 2015/09/26 11:43:26
自律神経とは…

身体が生命を維持していくために備わっている神経で、交感神経と副交感神経からなる。

 

2つのストレスは脳の興奮を招く

中枢性自律神経ネットワーク

中枢性自律神経ネットワークとは、主に脳の大脳辺縁系を中心とした部分で、怒りや不満などの不快なストレスに反応し、交感神経をすぐに興奮させます。すると視床下部も興奮して自律神経のバランスが不安定になってしまいます。めまいの背景にはこうした自律神経のバランスが大きく関係しています。

自律神経のバランスの乱れの原因となる2つのストレス
  • 身体のストレス
  • 心のストレス

不快ネットワーク

自律神経が不安定になる

        

めまいや耳鳴りを引き起こす

 

耳鳴りとの関係

耳鳴りでは、まず難聴が起こり、音を補おうとして脳の中で音が作られます。
CANが興奮すると脳の中の音が大きくなります。これが耳鳴りの原因と考えられています。前頭前野の働きを高めるとCNAの興奮を抑えることができます。そのために効果的なのは、趣味・芸術活動、有酸素運動や瞑想などを行うことです。

 

また、食生活の改善がとても重要で、サプリメントを飲むことでお手軽に改善ができます。

続きを読む≫ 2015/06/26 17:44:26

グルグルと回る回転性めまいの対策と治療方法

 

回転性めまいには、いくつかのタイプがあります。
おもなものは、耳鳴り、難聴、耳閉感を伴わない前庭神経炎、逆にそれらが伴うメニエール病、頭を動かした時に起こる良性発作性頭位めまい、突発性難聴です。

 

回転性めまいは…

精神的や身体的にストレスのある時に発症しやすく、その対策として規則正しい生活を送りストレスをためない必要があります。

回転性めまいは

具体的には、血流や血圧を調整するために、

  • タバコはひかえる

メニエール病の場合は内リンパ液が溜まりやすくなるので、

  • 塩分や水分をとり過ぎない
  • カフェインの入った飲料水を飲まない
  • 油物をへらす

などがあります。

睡眠を多くとり、ゆったりとすごすことも大切です。
その他には

  • 首回りのストレッチをする
  • 三半規管を鍛えるために頭や顔を左右に動かす、ぐるぐると回転させる

といったことも 症状を和らげる有効な対策です。

 

良性発作性頭位めまいの対策は…

良性発作性頭位めまいの対策は頭を動かさないことが大切です
カルシウム分を含んだ耳石が原因ですので、しばらくすると、めまいは治まってきます。
めまいが起こる方を繰り返しむいていると、めまいがなくなることもあります。

 

回転性めまいの治療としては…

回転性めまいの治療としては、耳鼻科やめまい外来にかかることが大切です。
回転性めまいは吐き気を伴いますので、吐き気どめ(多くは酔い止め)を処方します

 

また、自律神経のバランスを整える薬、血行改善薬、抗ヒスタミン薬なども処方されることもあります。
突発性難聴の場合は、きこえ神経のウイルス感染が原因で起こる時もありますので、ステロイド剤や抗ウイルス剤を一定期間 投与することもあります。

 

回転性めまいの中には、危険なものもあります。

回転性めまいの中には、危険なものもあります。

  • 意識障害
  • 目が動かない
  • 触ってもわからない
  • 激しい頭痛
  • ろれつが回らない

など、様子がおかしい時は、脳出血や脳梗塞まど脳疾患が原因かもしれませんので、一刻も早く病院に行くことが重要です。

 

回転性めまいの多くは、数日から数週間で改善されていきます。吐き気を伴いますので 不安になりやすいのですが、落ち着いたらきちんと 受診することが、大切です。

続きを読む≫ 2013/06/19 18:25:19

回転性めまいの原因について

 

回転性めまいの原因について

めまいというと、頭痛、だるさなどと同じ、不定愁訴といわれる原因不明の体調不良の代表格です。従って、原因がわからずに長年苦しんでいる人も多いのですが、実はめまいの原因は思わぬ重病であったということも少なくありません。

 

回転性めまい…

回転性めまいと言われる、突然ぐるぐる目が回る、ひどいときには立っていられなくなるというめまいは要注意です。回転性めまいの原因は、三半規管の異常によるものが多く、めまいだけであれば耳鼻科などで適切な処置をしてもらえばよいのですが、まれに脳の異常が原因でめまいがおこることもあります。

 

メニエール病…

メニエール病といわれる、三半規管のリンパ腺に水分がたまることによって起こる奇病があり、これも回転性めまいが主な症状としてあげられています。
メニエール病は自律神経失調症の一種であり、これといった確実な治療法はないのが現状です。

 

また、内耳炎など、三半規管が炎症を起こした場合もこれに似た症状が起こり、どちらも自律神経の異常により、三半規管が正常に機能しなくなったために起こる症状です。

 

自律神経失調症…

自律神経失調症は、ストレスや不規則な生活により、交感神経と副交感神経といわれる、緊張状態とリラックス状態を作り出す脳の神経が異常を起こし、休むべき時に脳が興奮して安らげない、働くべき時に体がしゃっきりしない、ぼんやりして眠気がとれない、といった症状を引き起こします。

 

頭痛がする、どんなに休んでも疲れがとれない、常に微熱があるなど、なんだか調子が悪いけれども、なんの病気なのか・・・・先の不定愁訴といわれる様々な症状を引き起こします。
なんだか調子が悪いけれども、なんの病気なのかさっぱりわからない、という人は、
この自律神経失調症であることが多いです。

 

そのままにしておくとどんどん悪化していき、働くことができないほどに病状がひどくなってしまうこともあります。こういった症状が続いている方は、まず耳鼻科に行ってみて、異常がないと言われたら内科へ行ってみることをおすすめします。

続きを読む≫ 2013/06/19 18:21:19

 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧