ひとりで抱え込まず、悩みを吐き出す

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

ひとりで抱え込まず、悩みを吐き出す

自分の殻に閉じこもってしまうと悩みは重くなります

不安や悩みなどは誰もがもっているもので、それ自体は問題がないのですが、その不安や悩みを一人で抱え込んでしまうと、それがストレスいなり、心身に負担をかけてしまうことで、めまいや耳鳴りの原因となります。

 

ストレスをためこみやすいのは「A型気質」の人

ストレスをためこみやすい人の性格や行動パターンは共通していることが多いです。
A型気質タイプというのは、まじめで几帳面、闘争心が強く完璧主義傾向の人を指します。

 

うまく話そうとしなくてもいい

ストレスをためこまないためにも、悩みや気になることを誰かに相談し、話を聞いてもらうようにしましょう。しかしA型気質の人は「上手く話さないといけない」「こんなことを話したら軽蔑されるかも…」などと余計なことを色々と考えて、話をする前から自分でかってに思い込んだり、結論を出してしまう傾向があります。

 

一人で悩みを抱えこんだままでいると、ストレスは増え続ける一方で、めまいや耳鳴りの症状もひどくなってしまします。誰かに話を聞いて欲しいと思ったら、
まずは気を使わない家族や気の許せる友人に聞いてもらうようにしましょう。

 

話をすることをためらわないようにする。

話をする前に色々と考え過ぎないことが大切です。考えたことのほとんどが取り越し苦労で
終わることが多いので、迷わずに話しやすい人に相談するようにしましょう。

 

話しやすい人に話してみる
心のモヤモヤが晴れる

利害関係のない誰かに話しを聞いてもらいだけでもスッキリすることがよくある。

 

悩みが分散される

誰かに話しを聞いてもらうことで、一緒に考えてくれる相手ができる。

 

気持ちが整理される

言葉にすることで、自分の考えがまとまったり、矛盾に気がついたりすることもある。

 

以上のことでめまいや耳鳴りの改善につながることが多いです。





ひとりで抱え込まず、悩みを吐き出す関連ページ

2つの種類に分類するめまい
眩暈の種類について主に2種類に分類してご紹介していきます。めまいは多くくわけると「回転性」と「非回転性」に分けることができます。また、症状が貧血と似ていることもあるので、間違いやすい病気です。
眩暈と三半規管の関連性
眩暈と三半規管の関連性についてご案内していきます。めまいを引き起こす原因はさまざまでが、回転性眩暈の場合は、三半規管に何かしらの問題があると考えられます。
眩暈の治療について
眩暈の治療について、ご紹介していきます。眩暈の原因として自律神経失調症が多いと言われています。病気の原因を的確に見つけて、治療することが大切です。
眩暈でふわふわする症状
眩暈でふわふわする症状について、ご紹介しています。頭痛や眩暈は些細な体調不良やストレス、そして重大な病気まで様々な要因で発症するので診察が大変難しいのです。
吐き気を伴う眩暈の原因となる疾患
吐き気を伴う眩暈の原因となる疾患などをご紹介していきます。めまいや吐気に伴い、頭痛やしびれなどを感じた場合は悪性発作精頭位眩暈や脳梗塞等、脳に異常がある場合もあります。
ストレスが起因して発症する眩暈に関して
ストレスが起因して発症する眩暈に関して、ご紹介していきます。めまいの中にはストレスを原因として発症してしまうものもあります症状は個人差があります。ストレスを取り除くことで症状を和らげることができます。
めまいと耳鳴りの関係性。耳鳴りが起こる原因とは?
めまいと耳鳴りの関係性と起こる原因はどのようなものでしょうか。原因は同じようで、実はことなっています。
【体験談】良性発作性頭位めまい症

▲ページ上へ戻る



 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧