コーヒーがめまいを引き起こす要因

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

コーヒーがめまいを引き起こす要因に

コーヒーがめまいを引き起こす要因に

 

めまいの出る原因は基本的には何かしらの病気の前触れです。
しかし意外なところでその原因があります。
それは

コーヒーがめまいを引き起こす要因に

  • アルコール
  • カフェイン

この2つが要因となっています、そう飲み物が原因となることがあるのです。

 

アルコール…

アルコールの方は大方想像できる方が多いと思いますが、少量なら何の問題もありません。
しかし多く取るとそれがめまいを引き起こす原因にもなります。
対処法として簡単かつ当たり前ではありますが、アルコールは適量にしておくことです。
特にめまいに限らずアルコールの過剰摂取は健康自体にもよくありません

 

カフェイン…

カフェインの方は意外と思われるかもしれませんが、カフェインには神経を興奮させる効果があります。よく眠気覚ましにはカフェインの入っているものを飲むといいと聞きますが、それはカフェインのこの効果に関係しているからです。
しかしこちらも大量に飲むことで、その効果が悪い方向に行き、それでめまいを起こす可能性があります。

カフェインのとり過ぎはめまいの原因に

特にカフェインといえばコーヒーで、飲んでいる方は注意が必要です。
コーヒーは朝食時、休憩している時、寝る前と意外と飲む機会は多いです。めまいを起こした時は自分が何を飲んでいたか思い出してみてください。
コーヒーを飲んでいた場合はそれが原因である可能性もあります。

 

しかしもう1つカフェインに対し注意すべき飲み物があります、それはお茶です。

お茶はコーヒーよりカフェインを含んでおり、尚且つ健康にいいとされているので、
大量に飲んでしまいがちです。特に高齢者の方はお茶を飲む機会が多いと思われますので、めまいを感じたらお茶が原因である可能性もあります。

対策としてはアルコールと同じく、どちらも過剰に飲みすぎないよう注意しましょう。

 

ただ、種類によってはカフェインが少ないものもあるので、飲みたい場合はそちらを飲むとよいでしょう。そしてお茶によっては逆にめまいに効くといったものもあるので、悩まされている方はそれらを飲むのも手です。
また、「薬に頼らずに症状を改善する方法」を掲載しているので、よければ参考にしてみてください。





コーヒーがめまいを引き起こす要因関連ページ

抗ストレスのパワーは食事から摂ろう
抗ストレスのパワーは食事から摂ることが効果的です。めまいや耳鳴りに効くのはビタミンB群たんぱく質、カルシウムなどです。
コーヒーやお酒は適量を守るようにする。
めまいの症状がある人はコーヒーやお酒の量には気を付けるようにしましょう。コーヒーや紅茶、紅茶などに多く含まれているカフェインは、神経を興奮させる働きがあるので、たくさんとってしまうと、めまいや耳鳴りを引き起こしたり、悪化させてしまう恐れがあります。

▲ページ上へ戻る



 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧