ストレスが自律神経の調子を乱す

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいやふらつきの改善に≪効果が期待できる方法≫とは?

ストレスが自律神経の調子を乱す

自律神経とは…

身体が生命を維持していくために備わっている神経で、交感神経と副交感神経からなる。

 

2つのストレスは脳の興奮を招く

中枢性自律神経ネットワーク

中枢性自律神経ネットワークとは、主に脳の大脳辺縁系を中心とした部分で、怒りや不満などの不快なストレスに反応し、交感神経をすぐに興奮させます。すると視床下部も興奮して自律神経のバランスが不安定になってしまいます。めまいの背景にはこうした自律神経のバランスが大きく関係しています。

自律神経のバランスの乱れの原因となる2つのストレス
  • 身体のストレス
  • 心のストレス

不快ネットワーク

自律神経が不安定になる

        

めまいや耳鳴りを引き起こす

 

耳鳴りとの関係

耳鳴りでは、まず難聴が起こり、音を補おうとして脳の中で音が作られます。
CANが興奮すると脳の中の音が大きくなります。これが耳鳴りの原因と考えられています。前頭前野の働きを高めるとCNAの興奮を抑えることができます。そのために効果的なのは、趣味・芸術活動、有酸素運動や瞑想などを行うことです。

 

また、食生活の改善がとても重要で、サプリメントを飲むことでお手軽に改善ができます。





ストレスが自律神経の調子を乱す関連ページ

回転性めまいの原因について
回転性めまいとは、突然ぐるぐる目が回り始めたり、ひどいと立っていられなくなるというめまいです。原因としては、三半規管の異常によるものがほとんどですが、希に脳の異常で発生しているめまいということもあります。
グルグルと回る回転性めまいの対策と治療方法
回転性めまいは、精神的や身体的にストレスがあるときに発症しやすくなります。予防する対策は、規則正しい生活を送り、ストレスを溜め込まないことです。治療法は、耳鼻科やめまい外来による専門医の診察と、適切な薬物療法を受けます。
若い女性に増えているめメニエール病
メニエール病は、発症にストレスが影響していると考えられていることから、働き盛りである30〜50歳代の世代に多い傾向があります。 最近では男性よりも女性の患者さんが多い傾向にあります。

▲ページ上へ戻る



 
TOP 病院で処方されるお薬について 食生活で症状を改善 記事一覧